大手ドローンメーカーDJIが農業用ドローン「DJI Agras MG-1」を発表

スポンサーリンク

 

 

世界最大手のドローンメーカー、中国のDJIが遂に農業用ドローン「DJI Agras MG-1」を発表しました。DJI Agras MG-1は耐食性素材と防水防塵設計となっているため、使用後は洗浄して折りたたんで保管することが可能です。

 

DJI Agras MG-1

 

農薬散布の自動調整が可能

DJI Agras MG-1は8つのローターを備えたマルチコプターで、10キログラムの農薬を積んで散布することが可能となっています。1時間の飛行で7〜10エーカーの面積に散布することができ、手動による農薬散布と比較すると40倍以上の効率性を持っています。DJI Agras MG-1は最速で秒速8メートルで飛行することが可能で、機体の飛行速度に合わせて噴霧の強度を自動調整するアプリケーションが内蔵されています。飛行速度が遅いときには噴霧量を少なくし、飛行速度が早い場合には噴霧量を多くするといった調整を行うことで、散布時の農薬液を均一に散布することができるようになります。

DJI Agras MG-1はフレーム部分が折りたたみ可能となっているため、農場への運搬が楽になり、保管スペースも場所を取らないように設計されています。

DJI Agras MG-1 DJI Agras MG-1

 

DJIのプレスリリースによると、創業者兼CEOのフランク・ワン氏はDJI Agras MG-1について以下のように語っています。

「DJIの農業用UAVの発表は、当社の比類のない知識基盤と開発スキルを示すものです。またこの新製品により、DJIが一般消費者に究極の空撮体験を提供するだけでなく、生産性を向上させ、様々な業種に関わる多くの皆さまに利益をもたらすことができることを証明しました。」

 

散布モードを選択

DJI Agras MG-1にはDJIのフライトコントロールシステムとマイクロ波レーダーが搭載されており、センチメートル単位の精度での調整が可能となっています。機体は飛行中にリアルタイムで地形をスキャンし、自動的に農作物からの高さと距離を維持して、作物に最適な量の農薬を散布することができるように設定されています。DJIのLig htbridge 2映像伝送システムを搭載していることで、リアルタイム通信が可能です。

DJI Agras MG-1の利用者は、機体のスプレーノズルからの均一な散布を行いつつ、地形に合わせて自動(Automatic)、半自動(Semi-automatic)、手動(Manual)の3つの操作モードから選択が可能です。ノズルは交換可能なセラミックノズルが利用されており、数千時間の散布が可能な耐久性を備えています。

ドローンの農薬噴霧はローターの回転により下向きの気流が生まれるため、下向きの噴霧速度を上昇させる効果があります。これにより、薬液を土壌や作物の茎にまでまんべんなく効率的に行き渡らせることが可能です。

 

モーターの寿命が3倍に

DJI Agras MG-1の機体には遠心冷却システムが搭載されており、モーターの寿命を従来比で3倍にまで延長することが可能となりました。三重のフィルターが施されており、ほこりや水滴、粒子状物質などの侵入を防ぐことができます。飛行中は機体前方の吸気口から機体内部に空気を取り込みますが、三重フィルターによってほこりなどの不純物は取り除かれるため、不純物の混入による摩耗を防止します。また、取り込まれた空気は機体のアームやモーターを通過し、内部機構の熱を外部に放出する役割も果たすようになっています。

カスタムDJIリモートコントローラーを使えば、操縦者がDJI Agras MG-1を操作することも可能です。

インテリジェントメモリー機能が実装されていることも大きな特徴となります。農薬液の補充やバッテリーの充電のために、途中で機体が離着陸地点に戻ってくることがありますが、このとき、インテリジェントメモリーにより、機体には帰還前に最後に飛行していた地点のデータが残っているため、農薬の補充やバッテリーの充電が完了したあとは、再度、最後に記録した場所から飛行・散布が可能となっています。

DJI Agras MG-1は中国や韓国で先行販売され、日本での販売は今のところ未定となります。

source : DJI プレスリリース

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like