国内のドローンビジネス市場を分析、「ドローンビジネス調査報告書2016」が発売。DRONE BORG特別割引を提供

スポンサーリンク

 

インプレス総合研究所は最新のドローン関連市場についてまとめた「ドローンビジネス調査報告書2016」の販売を2016年3月17日(木)から開始すると発表しました。こちらの調査報告書は、ドローン有識者の春原久徳氏、小池良次氏が中心に執筆を行い、DRONE BORGを運営する株式会社CLUEも執筆に協力をさせていただきました。

 

スクリーンショット 2016-03-17 18.10.03

 

販売価格はCD(PDF)版 85,000円(税別)、CD(PDF)+冊子版 95,000円(税別)となりますが、DRONE BORG特別割引の提供が決定し、下記のフォームよりお申し込みいただければ割引価格にてご購入いただけます。

 

ドローンビジネス市場を分かりやすく解説

ドローンビジネス調査報告書2016では、ドローン関連ビジネスを展開する企業25社を取材した上で、市場規模やビジネス動向、海外動向、規制、技術動向、課題や展望などが多角的に分析されています。そのため、こちらの報告書を読み込むことで、ドローンビジネスを展開する上で必要な情報を網羅的に吸収することができます。

報告書によると、ドローンビジネス市場規模は2015年に104億円、2020年には1,138億円にまで成長すると見込まれています。

 

ドローンビジネス市場

 

また、ドローン市場の用途別の内訳では、2015年度の段階では農業関連のシェアが最も大きいですが今後は測量や検査などの市場も広がってくると見られています。

 

ドローンビジネス市場

 

ドローンビジネス市場のロードマップも掲載されており、業務利用や機体・周辺領域、技術動向、行政の関わりなどが時系列順にまとめられています。

 

ドローンビジネス市場

 

以下は報告書の掲載レポートの概要です。

 

第1章の「市場概況」では、ドローンの市場規模やロードマップの分析、産業構造やプレイヤー整理、最新利用動向、国や行政の動向、法律や規制などドローン市場を知るうえで、必要な情報を網羅的にまとめています。

第2章の「企業動向」では、ドローン市場のプレイヤーを「ハードウェア」「ドローン活用サービス」「ドローンの自社利用」「スクール」「業界団体」「海外」などの6つに分類し、22社の動向をまとめています。

第3章「米国ドローン(UAV)の市場概況」では、米国の通信分野および商業ドローン分野を専門とする在米コンサルタントである小池良次氏が、米国でのドローンに関する状況について解説しています。

第4章の「海外ネットビジネスの動向」では、ドローンのサービスを展開している株式会社CLUEが執筆。海外でのドローンを利用したネットサービスを7つに分類し、15サービスを紹介しています。

第5章の「技術動向」では、ドローンを構成する「機体」や「機体制御用センサー」「データ取得用センサー」などについて解説しています。

第6章の「課題と今後の展望」では、ドローン産業の課題とこれからの展望について分析しています。

■調査報告書の製品形態、および販売に関するご案内
書名        :ドローンビジネス調査報告書2016
著        :春原久徳/小池良次/株式会社CLUE
著・編    :インプレス総合研究所
発行所    :株式会社インプレス
発売日    :2016年3月17日(木)
価格        :CD(PDF)版 85,000円(税別)
CD(PDF)+冊子版 95,000円(税別)
判型        :A4判
ページ数    :286ページ

 

DRONE BORGでは「ドローンビジネス調査報告書2016」の販売に関して特別割引の提供が可能です。

下記のフォームより購入希望の連絡をいただければ特別割引でご購入いただけます。希望者の方はぜひご連絡ください。

 

お名前 (必須)

会社名 (必須)

メールアドレス (必須)

ご希望商品の選択 (必須)

購入希望部数 (必須)

 

source : インプレスプレスリリース

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like