世界の先をゆくドローン大国フランス事情

スポンサーリンク

 

 

フランスにおけるドローン事情

世界のドローン事情の行く末を考える上で注目するべき国があります。
それがフランスです。
フランスはドローンの商用利用の実績で世界をリードする存在です。
2012年には世界には先駆け、商用ドローンに関する規制を整備しています。
フランスのドローン規制は以下のようになっています。
まずドローンを操縦する場合ですが実技と理論の試験を通過した人のみが操縦することができます。
また、目指できる範囲を超えた場所を飛行させる場合には免許制になり一定期間の研修を行う必要があります。
原発や飛行場の周りでの飛行は禁止されており人がいる上空での飛行もできません。
これらの場所で飛行させた場合には最長で1年間の禁錮刑や罰金を科せられることになります。
このようにしっかりとした規制が既に運用されています。

数多くのドローン関連企業

フランスではドローン関連企業がたくさん誕生しています。
世界的に有名なドローンの開発・販売を行うParrot社がその代表例です。
既にドローン関連企業の登記数は1200社を超えています。
その市場潜在力は10億ドル単位にものぼると言われています
そして多くのビジネスを展開しています。

農業用データの分析

パリに本社を置くエリノヴはドローンを使って農業用のデータ分析を行う会社です。
当初ドローンの飛行を代行する会社でしたがドローンを使ったデータ分析を行う事業へと拡大しています。
国内の十数人のオペレーターと提携し飛行からデータ分析まで一括でサービスを提供しています。
2回の飛行とデータ解析を行うアブラナ農家向けのサービスは1ヘクタールで約15ユーロの料金で提供されています。
農家は従来かかっていた費用を1ヘクタール辺り20ユーロから100ユーロ抑えることが可能になっています。
同社の今年度ドローンを飛ばす回数は2万回を超え前年比で4倍になっています。

採石場のトラックの最適化を行う

他にもパリに本社を置くレッドバードはドローンを使ってフランス国鉄の鉄道路線をモニタリングしています。
さらには採石場で使用するシステムも開発しておりこれによってトラックの往来を最適化し燃料費を10%削減できるとのことです。
このようにフランスでは既に商用ドローンを使ったビジネスを多くの企業が行っています。
これからドローンのビジネスを立ち上げる場合にはフランスの動向に着目するといいでしょう。

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like