クアルコムが商業用ドローン開発プラットフォーム「Qualcomm Snapdragon Flight」を発表

スポンサーリンク

 

クアルコム社が2015年9月10日、商業用ドローン開発プラットフォーム「Qualcomm Snapdragon Flight」を発表しました。

 

Qualcomm Snapdragon Flight

 

Qualcomm Snapdragon Flightはスマートフォンなどで利用されていた「Snapdragon 801」というボードをベースにして開発されたプラットフォームで、同社のQualcomm Hexagon DSPを用いたフライトコントロールが可能となっています。このほか、Bluetooth 4.0、Qualcom 2×2 Wi-Fi、4K動画、汎地球航法衛星システム(GNSS)、4KステレオVGAなどを搭載しており、さらに急速充電も可能となっています。

クアルコムでは、Qualcomm Snapdragon Flightを次世代の開発ボードと位置づけており、同社の制御ボードを活用して各デベロッパーは様々なアプリケーションを開発することができます。

Qualcomm Snapdragon Flightは2016年上半期に出荷される予定です。

クアルコムでは、Snapdragonプロセッサーを搭載したドローンを自社でも開発中で、2015年度のCESではキャタピタ型ドローンも公開されて話題となっていました。

参考:クアルコムがSnapdragon搭載のキャタピタ走行可能なドローンを開発

 

 

同社はもともとは半導体の設計や、移動体の通信技術に強みを持つ企業でしたが、今後は本格的にドローン事業に力を入れていきそうです。

 

source : qualcomm’s snapdragon flight promises lighter, simpler, more powerful flying cameras

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like