500円サイズの超小型ドローン「京商EGG QuatroX」

スポンサーリンク

 

 

 

500円サイズのドローン

今回のドローンは超小型のドローンです。
京商エッグが出している「QuatroX(クアトロックス)」です。
京商エッグは大人向けの本格的ホビーモデルの開発・販売を行ってきた老舗の京商が、トイモデルを発売するために立ち上げたブランドになります。
京商はParrot社の国内販売代理店でもあり、国内のホビー向けのドローン販売では多くの実績があります。

QuatroX

超小型のサイズ

「クアトロックス」は超小型のドローンです。
手のひらに載る世界最小級のクアッドコプターとうたっており、機体は500円玉をわずかに大きくしたぐらいです。
また重量も10.5gととても軽い機体となっています。
プロペラガードもいており、室内で飛ばす際にプロペラが触れて傷つく可能性も少ないです。
超小型故に飛行時間は5分ほどしかないですが、それでも遊ぶには十分な飛行時間です。
USB経由で30分ほど充電することで、5分間の飛行が可能です。

送信機は2.4GHz

また付属している送信機は2.4GHzを使用しており、屋内外で使用することができます。
海外製の送信機の中には、日本の屋外で使えない周波数帯もあるので注意が必要ですが、「クアトロックス」に関しては屋外でも安心して飛ばすことが可能です。
この辺りはホビー向けラジオコントロールの老舗として、購入者としては安心できるところでしょう。
また最大10台まで同時飛行が可能なために、友人と一緒に飛ばして楽しむことができます。

QuatroX2

LED搭載で前後把握も簡単に

LEDが搭載されおり、飛行時にはどちらが前かが簡単に分かりやすくなっています。
また操縦もやや練習が必要ですが、比較的簡単にホバリングすることができます。
送信機のモードはモード1となっており、モード1の練習を行うにはいいでしょう。

機体が小さいので風には注意

「クアトロックス」は機体が小さいために、わずかな風などでバランスを崩したりします。
そのために屋外で操縦する際には十分に注意をしながら、操縦を行う必要があります。
この辺りは1万円以下の小型な機体全般が抱える問題点です。

屋内で飛ばして遊ぶなら

「クアトロックス」は5000円以下で購入できますが、その飛行性能は高いです。
もちろん5万円を超える機体にいている制御系はないですが、それでも屋内で飛ば分にはいいでしょう。
操縦する楽しみを感じたい方は是非、購入を検討すといいでしょう。

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like