アメリカ海軍が水空両用ドローン「Flimmer」を開発中

スポンサーリンク

 

 

アメリカ海軍がドローンを開発

様々な企業や研究機関などが開発を進めるドローンですが、今回アメリカ海軍が新型のドローンを開発したと発表しました。
アメリカ海軍は以前にも、魚の形をしたドローンを開発していました。
従来、ダイバーやアシカ、イルカなどが行っていた作業を代替する目的です。

関連記事:魚型の泳ぐドローン「GhostSwimmer」

今回アメリカ海軍の研究施設であるアメリカ海軍研究所NRL(U.S. Naval Research Laboratory)が、水陸両用のドローンを発表しました。
「Flimmer」という名前で、flyingとswimmerを合わせた造語になります。

 

flimmer

 

水陸両用のドローン

「Flimmer」は飛行と水中潜航の両方が可能なドローンです。
飛行速度は最大75kmで、高速な移動ができます。
着水後の最高時速18kmで水中を、航行することが可能です。
「Flimmer」を開発した目的は、高速かつ効率よく目的地まで接近して、その後必要に応じて潜航することです。
これまで潜航する必要がある場合には、その機体を目的地付近まで運ぶ必要がありました。
しかし「Flimmer」であれば、遠距離から飛行させることができ、目的地に近づくことなく投入することが可能です。

 

 

現在は改良途中

「Flimmer」はNRLが行ったテストでは高度300m地点から投下され、飛行した後に、水面に着水・潜航を行うことに成功しています。
しかし飛行と潜水機能を併せ持たせるために、着水の衝撃に耐える必要があります。
一般的には飛行機は機体を出来るだけ軽くする必要がありますが、「Flimmer」の場合には着水の衝撃に耐えるために壊れにくい構造にする必要があります。
また浮力とバランスを取りながら、水圧にも絶える必要があり、機体の大きさや重量を増加させる必要があります。
そのため「Flimmer」では、2つの空気注入式の浮袋を使用した浮力制御装置を採用しています。

 

軍事目的だけでなく災害対策にも

「Flimmer」の用途としては、海中に潜んでいる潜水艦を見つけることが想定されています。
しかしこの技術を用いれば、津波などの災害時に海中にいる人達の救助にも使用できるかもしれません。
災害で海の近くまで接近できない場合でも、「Flimmer」であればその機動性を活かして近づくことができるのです。

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like