2015 International CESでのParrot社の編隊飛行デモが評判!

スポンサーリンク

International CESは毎年開催されている国際家電ショーです。2015年は1月6日〜9日にわたって米国のネバダ州・ラスベガス市で開催されました。International CESはコンシューマーエレクトロニクス分野の祭典としては世界最大の見本市となっています。毎年、各メーカーの先進技術が展示されるため、最新のプロダクトに触れたいという業界関係者の方や個人の方まで幅広い人々を魅了しています。

 

2015 International CES

 

2015年に開催されたInternational CESの特徴していは、マルチコプター(多発回転翼機)などのドローンの展示が前年よりも増加したことでした。今回展示されていたドローンの多くは、設置されているカメラで撮影を行うことができる無線操縦の無人ビーグルです。

Parrot社は以前よりInternational CESでのドローンの展示に積極的でした。Parrot社は趣味として手軽に購入できる安価なAR.Droneシリーズで有名です。一方で、今年の展示では、ホビーユース以外での利用も可能な商用の軽量固定翼無人機や多発エンジン回転翼機なども紹介されていました。

 

参考記事:開発者に人気「AR.Drone 2.0 Power Edition」

 

Parrot製が特に力を入れている研究テーマとして、ドローンの自動操縦が挙げられます。ドローンというと、従来は空撮用途がメインとなっていたため、建設現場などで操縦者がコントローラーを利用してドローンを操縦し、目的の対象物の撮影を行っていました。一方で今後、ドローンの商用利用が進む上で重要な技術となるのが自動操縦です。Parrot社のドローンは、自分の場所をGPSなどを活用しながら正確に把握しつつ、設定された飛行経路を高精度で追うことができるのも大きな特徴と言えます。

 

Parrotのデモが大評判

2015 International CESではParrot社は高い自動制御技術を披露するためのデモフライトを行いました。Parrotは毎年、International CESにてデモを行っており、その技術力も高く評価されています。

 

 

デモフライトでは、編隊飛行を行っており、複数のドローンがミュージックに合わせて美しい飛行軌道を描いています。驚くほど、音楽のテンポに合った複数台のドローンが編隊を組んでいる様子は、ドローンの自動制御の未知なる可能性をまざまざと見せつけています。

 

2015 International CES

 

それぞれのドローンは操縦者がリアルタイムでコントロールしているわけではなく、事前にアルゴリズムを組んで、そのとおりに自動制御が行われているのです。

Parrot社のドローンは値段も安価なだけでなく、SDKも公開されており、プログラミングが出来る方なら、自分で制御のアルゴリズムを組むこともできます。そのため、ドローンを改造してみたいと思っている方はぜひ一度、AR.Drone 2.0などで試してみることをおすすめします。

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like