鉱業において毎月ストックパイルの体積測定するべき3つの理由

スポンサーリンク

鉱業におけるストックパイルの体積測定は在庫管理において非常に重要ですが、ドローン導入前には年に4回、もしくは年に1回の頻度でしか行われてきませんでした。なぜなら、体積測定作業には時間的、金銭的コストがかかっていたからです。

現在ストックパイルの体積測定にドローンを導入している企業では、精度の高いデータを以前より高い頻度で取得できています。それらの企業の次なる疑問は、「オペレーションをより効率化するために、取得したデータをどう使えばいいのか」ということです。

今回は、「Three Reasons to Conduct Monthly Inventory Management」の記事を元に、鉱業において毎月ストックパイルの体積測定するべき3つの理由についてご紹介します。

 
参考:測量にドローンを導入するメリット

参考:測量にドローンを導入するメリット2

 

 1. 生産目標を達成しやすくなる

鉱業において、生産高のトラッキングや生産目標の達成には、ストックパイルの正確な体積測定が必須です。精度の低い体積測定は、在庫量の計算ミスにつながり、その結果企業の損失となります。

体積測定を年単位から月単位へと頻度を増やした企業においては、現場のストックパイルの正確な体積が出せるので、安心して生産計画を実行できます。

もし実際の生産高と在庫計算の相違を発見できれば、すぐに問題を解決できます。そのデータをプランマネジャーに伝え、計画を修正後さらにドローンによるデータ取得で生産計画を追跡できます。

Leigh Hanson のオペレーションアナリストMike Moy 氏は、砂利と砂の生産高の区別のため体積測定を頻繁に行っています。あるエリアには砂が多く、あるエリアには石が多いので、必要な在庫情報を得るために、ドローンによるデータから生産オペレーションの調整を行なっています。

 
参考:ドローンによる体積測定の精度

参考:鉱業にドローンを導入すべき3つの理由

 

2. 顧客の需要に正確にこたえられる

ドローンの導入により、「十分な在庫が現場にあるのか」「来週、顧客に商品を送ることができるか」という重要な問いに対しての答えが、より早く出るようになりました。

契約していた商品を顧客に届けられなければ、信頼を無くします。

在庫の正確な情報は、セールスチームにとっても役立ちます。Eucon CorporationCFOKen Schumacher 氏は、「商品の生産高が手に取るようにわかることで、顧客の需要を満たし、必要な商品を届けることができるという点で、とても役立ちます。」と述べています。

3. 生産高のミスを減らせる

年度終わりに実際の在庫量が計算より少なかったというような場合、大問題になります。

500万トンまたは1000万トン規模の生産高があった場合、データと実際の生産高が-5%の誤差であったとしても、かなりの規模の損失となります。

月単位で測定していれば、正確なデータが把握できますし、万が一誤りがあった場合でも、早い段階での修正が可能となります。

 

以上が、鉱業において毎月ストックパイルの体積測定するべき3つの理由です。

株式会社CLUEにおいても、測量サービスを提供しています。

弊社では、測量サービスに必要なドローン機材を一式保有しており、また空撮や測量、点検サービスに従事しているオペレーターを保有しています。

空撮、測量、点検サービスのワークフローを一気通貫でサポートする測量のソリューションを提供することが可能です。測量サービスに興味・関心のある方は、以下のフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

CLUECLUE|土木測量

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

Source:https://kespry.com/blog/three-reasons-to-conduct-monthly-inventory

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like