在庫管理におけるドローン測量の精度

スポンサーリンク

ドローンは様々な産業への導入が進んでおり、鉱業などにおけるストックパイルの体積測定にも使用されています。今回は、Atwell Aerospaceによる「Stockpile Inventory Management」の記事を元に、在庫管理におけるドローン測量の精度について、ご紹介します。

 

参考:鉱業にドローンを導入すべき3つの理由


在庫管理

在庫管理はどのビジネスにおいても重要です。

もしビジネスが鉱業やパルプ・製紙産業で在庫がストックパイルの形式でストックされているとしたら、在庫を確認するためには体積や重量の計算が含まれますが、一般的には非効率でコストがかかり、また非確定要素の多い従来の方法では正確なデータを得ることができません。

ストックパイル

ストックパイルには岩や砂、鉱物、木材チップなど様々な原料が想定されます。従来の体積測定方法は以下の通りです。

  •  経験則からの推測
  •  一部の計測に基づく全体の予測
  •  GPS機器を持ってストックパイルの周りを歩く
  •  LiDARによるスキャニング

コストや精度は方法によって違いますが、最もコストがかかる方法はLiDARによるスキャニングです。最も精度が高い方法でもあるので、これをドローンに積んで測定することでコストも抑えられます。

ドローン測量

最新の技術では、ドローンによるデジタル空撮画像を使用し、LiDARによるアウトプットと似ている3Dの点群モデルを作成します。さらにデータ処理ソフトウェアが3Dの地表モデルを点群から作成します。そのモデルから体積を測定可能で、とても精度が高く、データ取得は安全で時間の短縮ができ、コストも従来より安く収まります。

生産性の向上

ストックパイルの体積測定に従来の方法だと数日から数週間かかっていたものが、ドローンによる測定ではわずか数時間しかかかりません。またドローンは上空からの正確なデータ取得が可能であるため、ストックパイルが歪な形でも、正確な体積を測定することができます。

2014年にVermont大学のAdam Zylk氏が「Small Unmanned Aerial Systems (sUAS) for Volume Estimation」という論文を公開しました。

この論文は、ドローンによるストックパイルの精度の高さを裏付けています。

実験では、ドローンによるストックパイルの体積測定データとレーザースキャナによるデータを比べています。

「これら2つの方法の誤差はわずか22m3で、これは1%にすぎません。この結果はドローンの精度が高いものであることを裏付けています。」

URL:Small Unmanned Aerial Systems (sUAS) for Volume Estimation

 

つまり、ドローンによる体積測定は従来の方法に比べ安価で効率的、また安全であるにもか関わらず、精度は高いのです。

従来の方法を利用している方は、ドローンによる測量を検討してみてはいかがでしょうか。

株式会社CLUEにおいても、測量サービスを提供しています。

弊社では、測量サービスに必要なドローン機材を一式保有しており、また空撮や測量、点検サービスに従事しているオペレーターを保有しています。

空撮、測量、点検サービスのワークフローを一気通貫でサポートする測量のソリューションを提供することが可能です。測量サービスに興味・関心のある方は、以下のフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。
 

CLUECLUE|土木測量

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 

ドローンでビジネスを始めたい。でも何から始めればいいのか分からない。株式会社CLUEではこのようなお問い合わせをいくつもいただきました。ドローンは様々な分野で活用されていることが期待されていますが、実際にビジネスを始めようと思うと規制を始めとして、知らなければならないことがたくさんあります。そんな疑問に答えるために、株式会社CLUEは2018年3月20日 (火)、3月23日(金)にドローンビジネス勉強会を開催します。
 
【お申込み】

【本件に関するお問い合わせ】
担 当 : CLUEサポートチーム
メール : support@t-clue.com
電話  : 03-6802-7994

 

Source:https://scholarworks.uvm.edu/hcoltheses/44/, https://www.atwellaerospace.com/stockpile-inventory-management/

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like