3D Roboticsが企業向け市場にシフトするため4500万ドルの資金調達を示唆

スポンサーリンク

 

3DR Solo

 

ドローンメーカとして有名な3D Roboticsは証券取引委員会に提出された新しい文書によると4500万ドルを調達しようとしています。

文書の詳細は3D Roboticsは4500万ドルの資金調達をするために自社株を売却する予定ですが、そのうちの2670万ドルのみ売却しており、未だ4500万ドルを調達するために売却する残りの1830万ドルの価値を持っています。

昨年、米調査会社PitchBookの資料によると、昨年実施されたシリーズCラウンドで合計1億600万ドルを調達していました。この時点で同社の時価総額は3億3400万ドルでした。

しかし、順調に資金を調達し業績を伸ばしてきた同社は現在様々な課題に直面しています。最近文書に数は明かされてはいませんが、従業員が一時解雇されました。そして昨年、共同創業者であるJordi Munozも同様に会社から去りました。

 

同社は非常に市場の流れが速い消費者向けの市場から企業業務向けの市場に変更するために今回資金調達に踏み切っています。何故なら消費者向けの市場では現在DJI社が多大なマーケットシェアを獲得しており、競争が激化しています。よって同社はドローン会社がデータを加工するために用いるソフトウェアを開発するSaaS事業へシフトしようと考えています。すでにソニー社とAutodesk社と共同で飛行分析のプラットフォームサービスをローンチしました。

これから、ドローン市場が活性化していく中で業務市場に向けて事業をシフトする同社が果たしてシェアを勝ち取ることができるのか、注目していきたいです。

source:https://3dr.com

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like