産業用ドローンを開発する自律制御システム研究所がUTECと楽天から7.2億円の資金調達を実施

スポンサーリンク

 

国産の産業用ドローンを開発・製造・販売している株式会社自律制御システム研究所が株式会社東京大学エッジキャピタル(UTEC)及び楽天株式会社から合計7.2億円の資金調達を行ったことを明らかにしました。

 

ミニサーベイヤー

 

自律制御システム研究所は産業用ドローンの研究開発、製造、販売、ソリューションを提供している千葉大学発のベンチャー企業です。1998年から千葉大学の野波健蔵特別教授の研究室で培われてきた技術を応用し、純国産ドローンでの市場獲得を目指しています。

楽天は自律制御システム研究所の既存株主である菊池製作所からも株を取得することで、5億円超えの出資を実施。自律制御システム研究所の株式の20%以上を取得することで、同研究所との関係を強め、相互の強みを活かしながらサービス展開を進めていく方針です。

楽天は2016年5月より、千葉県内の御宿街のゴルフ場で食事やゴルフボールをドローンで配送するサービスを開始する予定で、利用者がスマートフォンで注文をすると自律制御システム研究所が提供しているドローンが注文した商品を指定場所まで届けてくれるサービスを開始すると発表しています。

 

千葉市のドローン配送に楽天と自律制御システム研究所が参加

また、千葉県千葉市では都市部を対象にしたドローン配送サービスのための実証実験が行われることになっており、実験用の機体として自律制御システム研究所が開発したドローンが利用される予定となっています。千葉市では4月11日に配送実験を行うと発表しており、同市のプロジェクトにはAmazonやヤマト運輸、イオン、楽天も参入を表明しています。

参考:イオンが千葉市で行われるドローン配送の実証実験に参加を表明

参考:千葉市がドローンの研究開発や販売、サービスなどを行っている企業に1年間の補助を決定

参考:千葉県千葉市が国家戦略特区に、世界初のドローン配送が実現へ、Amazonも参入

 

自律制御システム研究所の概要は以下となります。

会社名     : 株式会社自律制御システム研究所(ACSL)
所在地     : 千葉県千葉市
代表者     : 代表取締役社長 野波 健蔵
設立       : 2013年11月1日
資本金     : 11,200万円 (2016年3月28日現在)
事業内容   : 1. 自律制御型各種ロボットシステムのハードウエアの研究開発
2. 自律制御型各種ロボットシステムのソフトウエアの研究開発
3. 自律制御型各種ロボットシステムの製造および販売
4. 自律制御型各種ロボットシステムの運用および管理
5. 自律制御型各種ロボットシステムのその他全般業務
6. 前各号に関するコンサルティング
7. 前各号に付帯関連する一切の事業
URL      : http://ja.acsl.co.jp/

 

source : 自律制御システム研究所 プレスリリース

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like