ANA、エアロセンスと共同でドローンを活用した機体整備点検の検証を開始


スポンサーリンク

全日本空輸(以下、ANA)が、エアロセンスと共同でドローンを活用した整備点検作業の実現に向けた検証を開始しました。エアロセンスは、ソニーと自動運転技術開発のZMPの合弁企業で、ドローンとクラウドサービスを組み合わせた産業用ソリューションを手掛けています。

現在、航空機が運航中に被雷した際には、整備士が機体を目視し、傷やへこみなどの不具合が生じていないかを確認する点検作業を行っています。この機体点検作業にエアロセンスのドローン運行技術と画像解析技術を活用し、整備品質の向上と点検時間短縮による運航便の遅延や欠航の最小化を目指すとしています。

 

URL:AeroSense

最初の検証は、2月14日に伊丹空港に隣接するMRO Japanの敷地内で行なわれました。航空機の周囲にドローンを運航し、ドローンに搭載したカメラで機体全体を高解像度で撮影。ドローン運航の安全性の検証や画像解析データの収集、実用化に向けた課題を抽出しました。山形県庄内空港で空港ランプエリア内の航空機に対する検証などより、本格的な検証を実施していく予定となっています。

 

URL:全日本空輸

なお、ANAでは2016年4月に新技術活用によるイノベーション創出の推進組織「デジタルデザインラボ」を創設。新技術やICTの活用を通じて、航空運送分野のサービス、業務プロセスのイノベーション創出を推進しています。12月にはドローン活用事業の可能性を検討するプロジェクトも立ち上げました。また、社外でも日本無人機運行管理コンソーシアムの設立メンバーであるほか、熊本県天草市および東京大学とドローンを活用した社会基盤構築の協定締結など、ドローンを活用するための施策が積極的に行われています。

 

source:AeroSense

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like