ドローンの商業利用は農業に大きなチャンスがある?

スポンサーリンク

 

 

様々な分野でドローンの商業利用が模索されていますが、やはり一番大きなマーケットになるのは農業かもしれません。

 

 

ヤマハ発動機が農業用ドローン最大手

アメリカ国内では早くからドローンの農業利用が活発でした。それは世界各国の農作地と比較しても、アメリカの農家は大規模農業が主流で、一軒あたりが持っている土地面積が広く、維持管理のためには自動化や効率化が急務だったからです。ヘリコプターを出動させて農薬散布を行うことも一般的でしたが、ヘリコプターを利用すると、レンタル代や人件費などの面でコストが急増する問題があったのです。

その点、ドローンを利用すれば極めて安価に農薬を撒くことができますし、毎日同じ時間に同じルートを飛行させるといった設定も可能です。本体に各種センサーを搭載すれば、水や農薬が足りない場所を検知したり、害虫が発生してしまっているポイントを特定することも可能なため、ヘリコプターと比較しても多くのメリットを享受することができます。

ドローンにGoProなどの市販のカメラを搭載して、土壌パターンを収集する農家もいます。また、GPSを搭載している軽量グライダーを販売している会社もあり、広大な土地を管理しなくてはいけない農家にとっては最新のテクノロジーを有効活用することによって作業の効率化を図ることができるのです。

 

 

日本では、ヤマハ発動機が農業用ドローンの最大手となります。同社は、農薬空中散布を目的に開発された産業用無人ヘリコプター「RMAX」でその地位を不動のものにしました。ヤマハによると、日本国内でもドローンを利用して農薬散布を行っている農家は多く、実に全体の36%の農家が何らかの形でドローンを活用しています。

参考:日本は最も産業用ドローンの普及が進んでいる!?

 

 

国内では農業に利用されているドローンの数は2700機にも及び、そのほとんどがヤマハ発動機が製造販売しているものです。

日本では農業従事者の高齢化が急速に進んでおり、人材の減少に伴って効率化や自動化が求められるようになりました。そのため、従来のような有人ヘリコプターによる農薬散布が減少する一方で、無人ヘリコプターによる散布は増加傾向にあるのです。

将来的には先進国だけでなく、途上国の農家でも安価なドローンを利用した最適化が推し進められるのは間違いありません。様々な業界に転用できるドローンですが、マーケットの市場規模や世界的な普遍のニーズを考慮すると、農業分野でのドローン活用は最もホットなテーマとなり得るでしょう。

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like