プログラミング教育用ドローン「Airblock」が国内販売へ

スポンサーリンク

中国の教育用ロボットキットなどを開発するMakeblock社のプログラミング教育用ドローン「Airblock(エアブロック)」を、ソフトバンクC&Sが2017年7月14日から国内販売すると発表しました。Airblockは、一部家電量販店やSoftBank SELECTION オンラインショップなどのECサイトでの販売を予定されています。

参考:初心者でも組み立てが簡単なドローン、Airblockが登場!

 

URL:Softbank

 

Airblockは、従来のドローンのようにスマートフォンを使って操縦するだけでなく、プログラム飛行を可能にしたモジュール式のドローンです。離着陸・旋回・宙返りなどの指示をあらかじめプログラミングしておくことで、自動操縦で飛行させることができます。

プログラムコードの記述がなくても、視覚的な操作でプログラミングが可能なプログラミング言語の一つである、MITメディアラボが開発した世界的に一番有名と言っていいほどの定番言語「Scratch(スクラッチ)」をベースにした簡単なプログラミングソフトを使用するので、専門知識がなくても簡単にプログラミングスキルが身に付くことが大きな特徴です。

またプロペラ部分は、発泡ポリプロピレン製の衝撃吸収ガードが一体となっており、マグネットで結着しています。衝突または落下した際はバラバラになることで衝撃を分散し、衝突対象物や本体への損害を最小限に抑えます。バッテリー含めて約150gの軽量なボディーなので、屋内でも安全に使用できます。

 

URL:Softbank

 

Airblockには主に3つの特長が備わっています。

1つは変形が容易に可能な点です。ドローン型・ホバークラフト型など、やり方次第で様々なタイプの組み合わせが楽しめ、モジュール式のブロックで色々な組み立てが可能です。

2点目は衝撃に強いという点で、ドローンモードで飛行中に落下しても、いったんバラバラになることで衝撃から身を守ります。

3点目はプログラミングに関してです。Scratchを基礎としたビジュアルプログラミングソフトウェアで、簡単な操作でプログラミングを学べ、専用アプリ「mBlock」を使用することでAirblockのプログラミングを誰でも簡単にすることができます。mBlockはビジュアルプログラミング「Scratch」をベースにして作られたプログラミングソフトで、動作・表示・検知などを感覚的にプログラミングできます。プログラミングしたAirblockは、さらなる専用アプリ「Makeblock」で簡単に操作することができます。

 

URL:Softbank

 

Airblockを開発するMakeblockは近年注目されている「STEM教育」に関する教材や組立ロボットキットをDIY愛好者やSTEM教育の教師や学習者に提供しているオープンソースのプラットフォームです。STEMとはScience・Technology・Engineering・Mathematicsの頭文字で、日本でも文部科学省や総務省が教育の指導要領として積極的に検討している方針となっています。

MaleblockはSTEM教育における世界的な教育ロボットのパイオニアであり、「ものづくり」の面白さを知ってもらうために、より創造力を発揮できる仕組み作りに取り組み続けており、ドローン以外にも様々なロボットキットを開発しています。

 

製品概要

製品名 Airblock
メインボード Crystal
搭載チップ SMT32
モーター コアレスモーター×6
通信方法 Bluetooth®
対応OS iOS/Android™
電源/バッテリー 7.4V 700mAh リチウムポリマー電池
製品寸法 長さ230mm×幅222mm×高さ53mm(ドローン)
長さ335mm×幅192mm×高さ127mm(ホバークラフト)
製品重量 約150g(ドローン)
約195g(ホバークラフト)
対象年齢 8歳以上
参考標準価格 22,000円(税抜)

 

source:
SoftBank , SoftBank SELECTION

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like