Amazon、空飛ぶ倉庫の特許を出願

スポンサーリンク

 

Amazonは2013年からドローンを使った配送サービスの提供のために日々開発に取り組んでいますが、新しく出願された特許によると、Amazonは単にドローンのみを使った配送サービスを実施するのではないことが確認できます。

 

airborne fulfillment centers

URL : TECH TIMES

 

出願された特許を見てみると、Amazonは荷物を保管した倉庫自体を空中に浮遊させた「空飛ぶ倉庫」とドローンを使って配送サービスを展開していくサービスを計画中だということが伺えます。この空飛ぶ倉庫は「airborne fulfillment centers」と呼ばれ、スポーツイベントやミュージックコンサートなど特定の品物の需要が増す場所の上空を飛行します。機体にはそれら特定品目を貯蔵しています。

 

airborne fulfillment centers

URL : TECH TIMES

 

airborne fulfillment centers

URL : TECH TIMES

 

例えばスポーツイベントでは、全国大会の決勝戦が行なわれている上空では、スナック類や記念品などを積んだairborne fulfillment centersが飛行します。品物を入れた倉庫を底に引っ掛けた飛行船が空を上昇し、顧客が欲しい品物を選択すると、ドローンが倉庫から目的物を拾い上げ、それを顧客まで配送します。顧客が品物を受け取ったらドローンは帰還します。また、この倉庫に垂れ幕や音声などを搭載することによって、広告媒体になることもできます。

 

airborne fulfillment centers

URL : TECH TIMES

 

また、荷物や人等を地上もしくは倉庫まで運ぶシャトルも搭載されています。このシャトルが搭載されることによって、倉庫に品物を継続的に貯蔵することができます。また、倉庫やシャトル、ドローンがメッシュネットワークを構成することによって相互に通信できるようにします。この機能によって、風速や天気等のデータを互いに教えあうことができるようになります。

ドローンコンサルティング会社AerotasのCEOであるLogan Campbell氏は、「このようなアイデアは非常に面白いが、このサービスを現実化するための課題が多く残っています。しかし、それらの課題について推測するのは現時点では無意味です。」と語っています。

これらは現時点では特許の段階で、いつリリースするのかなどの詳細についてはAmazonは明らかにしていません。

 

source : engadget,TECH TIMES,techcrunch,THE HUFFINGTON POST

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like