プロのレーサーたちが集うドローンレース「Drone Racing League」、イギリスでの初開催が決定!


スポンサーリンク

 

Alexandra Palace

 

様々な障害物を避けながら、世界最速のドローンを決めるドローンレース。ドローンレースは現在世界各地で開催されていますが、2017年6月に「Drone Racing League」という名前の大会がイギリスで初開催されることになりました。会場はアレクサンドラ・パレスです。

 

Alexandra Palace

 

同レースは世界各地で開催されてきましたが、イギリスで開催するのは今回が初となります。会場のアレクサンドラ・パレスは「市民のための宮殿」と呼ばれており、ロンドンの象徴的な会場です。アレクサンドラ・パレスは会場兼宮殿で、劇場やコンサートホール、美術館、博物館、講義室、図書館、パーティルームなど様々な施設があります。第二次世界大戦後はイベント会場として使用されることが多く、ミス・ワールドやPDC ワールド・ダーツ・チャンピオンシップ、NHKのど自慢大会も開催されてきた、歴史のある建造物となっております。

 

Alexandra Palace

 

同レースのCEOを務めるニコラス・ホウバチェスキは「アレクサンドラ・パレスに一目惚れしてしまったのです。これまで数々のイベントがアレクサンドラ・パレスで開催されてきましたが、ドローンレースのようなものを開催するのは今回が初めてです。」と語っています。会場にはアイスリンクやコンサート会場など様々なスペースがあり、操縦士が操作するドローンはその間をすり抜けながらゴールを目指す形となっています。同レースでは、パイロットの操縦するカスタム済みのドローンが最速時速約190kmという猛烈なスピードで、LEDの輪や予め用意された障害物をすり抜けながら飛行していきます。またドローンの操縦士は一人称ゴーグルを装着しドローンと視界を共有しながらレースを進行させていきます。レース開催に向けて、現在会場に何人ほどの観客を収容できるか精査中です。

同レースの一部のレースについてはスポーツ専門チャンネル「Sky Sports」によってイギリスで放送されています。「できるだけ早くドローンレースをイギリスで開催したかったんです。ここにはたくさんのドローンパイロットやドローンレースを観戦したがっている人々がいますからね」とホウバチェスキは語っています。

イギリスで放映中のDrone Racing League 2016シーズンについては以下の動画で確認できます。

 

 

source:WIRED,DRL | The 2016 Season | Drone Racing League,Wikipedia

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like