Amazonが新たな特許を取得、ドローンの集合体で重い荷物の配送が可能に

スポンサーリンク

 

Amazonがより重い荷物を持ち上げ、より長い距離を飛行できるドローンの特許を得ました。Amazon Technologies Inc.の特許には、長距離飛行や重い荷物の運搬を目的とした、数多くの小さなドローンで構成された大きくて丈夫なドローンが記載されています。

 

amazon drone patent

URL : LIVE SCIENCE

 

特許は2015年2月19日に提出され、2016年12月29日に承認されました。個々の機体は、不要になった際ドローンの集合体から取り外すことができます。また、小さな荷物を配送する際には、個々の機体を独立して操縦することも可能です。より効率的に運用することを目的として、電力やナビゲーション機能などのリソースを共有することによって、ドローンの集合体が単独のドローンよりも、優れたパフォーマンスを発揮することが期待できます。さらに、ドローンの集合体は単独のドローンよりも見やすいため、航空機および航空管制官がより簡単に見つけ出すことが可能になったと特許の申請者であるYogiは語っています。特許明細書によれば、同機は「事実上あらゆるサイズ、重量、量のアイテムを輸送することができ、さらに長い距離を移動することができる。」と説明されています。今回承認された特許以外にも、Amazonは様々なドローンに関する特許を申請してきました。例えばan airborne fulfillment center (AFC)と呼ばれる空中倉庫とドローンを使った配送システムの特許を取得しています。このシステムを活用することで、スポーツ大会やコンサートなどで、需要のあるアイテムを即座に客の元へ届けることができるようになります。

 

amazon drone patent

URL : The Telegraph

 

2016年12月20日には、ハッキングやジャミング、そして弓矢などの外部からの脅威からドローンを守る特許も取得しています。

 

amazon drne patent

 

URL : LIVE SCIENCE

 

さらにAmazonは、空中だけでなく地下での配送にも可能性を見出しており、2016年11月29日に地下の専用ネットワークシステムで配送をする特許を取得しています。Amazonのこれらの技術が実際にサービスとして実現するかどうかはまだわかりませんが、Amazonのこれらの特許はドローンを使った配送サービスを本格的に計画しているということを示唆しています。

 

source : LIVE SCIENCE,The Telegraph

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like