Amazonがポケットサイズのボイスコントロール・ドローンの特許を取得

スポンサーリンク

 

amazon drone

 

現在市場に展開されているドローンには、大きいものから小さいものまで、様々なサイズのモデルがありますが、小さいドローンには、手のひらサイズのものまであります。そのような動向の中、最近Amazonはポケットに収納できるほどコンパクトな、ボイスコントロール・ドローンの特許獲得を発表いたしました。

 

amazon drone

 

Amazonはこれまで、配達に重点を置いたドローンサービスの展開や特許の取得を報じられてきましたが、今回Amazonが取得した特許は配達ではなく、調査や捜索に適した特許です。このドローンについて、Amazonは、ダッシュボードに搭載するカメラというよりも、駐車場のどこに停めたか忘れてしまった車や、食料品店で見失ってしまった子供を探したりなど、ポリス・ビデオとしての利用が最適だと語っています。今回特許の取得を発表したドローンは、オペレーターがどこにいても、オペレーターの声命令、もしくはアプリからの指示に反応して、オペレーターの元に戻ってくることができます。この人の肩に乗るほどコンパクトで、且つ声で指示することのできるドローンが、いかに警察の仕事の補助に最適かAmazonは語っています。例えば通行車停留所でビデオを撮影するために、ドローンに対して「着いてこい」、もしくは「飛べ」と指示するだけで、目的を達成することができます。その他の活用例としては、例えば怪しい人物が2人いて、その双方を追跡しなければいけない場合においても、1人はドローンに追跡させ、もう1人は自分で追跡するなどの役割分担をすることができます。このドローンを使った追跡によって、1人が容疑者を逮捕し、もう1人の容疑者はドローンの場所を利用することによって逮捕することができます。以上のように、本ドローンを活用することによって、警察の業務を徹底的にサポートすることができます。さらに、Amazonは無くしたものを探したり、顔認証システムを利用した迷子の捜査など、より活用範囲を広げていくことを計画しています。

 

 

Amazonの目標は今回特許を取得したドローンが、個人秘書としての役割を果たすことです。しかし、これらのドローンの活動の領域は、操縦士の視界から外れて、住宅密集地など人が多いところを飛行する恐れがあるため、Amazonの計画にはまだまだ課題や問題点があります。そのため、これらのアイデアが実現されるためには、連邦航空局が定めるドローンの飛行規制の緩和か、商業用ドローンに適した内容の規制が発行されるのを待つ必要があります。

 

source:record,GeekWire

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like