ドローン事業を始める前に読むスクールの話

スポンサーリンク

空撮事業の立ち上げ 2つの方法

ドローンビジネスを始めたいとして、何から始めるのがいいでしょうか?もし空撮事業を開始しようとするならば、空撮やドローンの操縦技能を向上させる必要があります。その方法は主に2種類です。1つ目は、愚直に練習を積むことです。練習することそのものは、ドローンを購入して始めれば良いだけなのでドローンの機材代金しか必要としません。

 しかし、我流で練習するよりも、教わって習熟したほうが、必要なスキルを結果的に早く身に着けることができます。それが2つ目の方法です。実際に日本全国にたくさんのドローンスクールがありますから、すぐに通い始めることができるでしょう。

実はホットなドローンスクール事業

実は、ドローンビジネスを始めるに当たって「ドローンスクールをやる」というのも一つのアイデアです。ドローンスクールのフランチャイズのようなものにも、すでにたくさんの実績あります。

 [画像] https://uas-japan.org/business/school/

例えばある自動車教習所では、運転免許を取得したいお客さんの数の減少を受けて、教習所での新事業としてドローンスクールを開始することを選んだ例もあります。自動車の免許取りたい若い人が減って「教習所に来る人が少ないから教習所で新しい事業をやりたい」という時に、ドローンの教習所をやるというのは一つの有力な選択肢なのです。

ドローンスクールの受講料は?

話を戻して、空撮事業の展開に備えてドローンスクールの生徒になることを考えてみましょう。ドローンスクールに行ってみたいとして、ドローンスクールに行く費用は、例えば2日間で12万円という感じです。もちろん受講するプランにもよります。

 受講料が高いか安いかはとり方次第ですが、我流で始めると違っていくらかの先行投資が必要にはなります。ただこの先行投資に見合うリターンが見込めて、空撮事業がうまくいきそうな目処が立てば、観光産業などでもドローンを活用するチャンスが見えてきます。


この記事は、2018年12月5日に新潟県南魚沼市で開催された講演会『ドローンが開く地域創生!顕在化してきた勝機とアプローチ』からの抜粋です。

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like