中国の大手ECの京東商城がドローン配送サービスの実験を実施、研究開発を加速へ

スポンサーリンク

 

 

中国のEC大手の京東商城がドローンによる配送サービスを行うための実証実験を行ったことが明らかとなりました。

 

 

京東商城ではドローン配送を農村部で本格的に導入する目的で研究開発を開始しました。中国農村部は起伏が激しい地域が多いために、配送センターから10キロメートル未満の距離でも各家庭に商品を届けるのに多くの時間がかかることが問題視されていました。このような物流のラストワンマイル問題を解決するため、ドローンを利用して空から商品を配送することによって、起伏が激しい土地の形状に依存せずに短時間に商品を届けられるようになると期待されています。また、ドローン配送によって人件費の大幅な削減も実現できます。

中国国内のドローン配送はEC大手のアリババや順豊速運集団公司(順豊エクスプレス)などが取り組んでいますが、いずれも実用化には至っていません。京東商城では農村部のように人気が少ない地域にフォーカスすることで、導入時のリスクを軽減し、早期に配送インフラを構築する狙いがあると見られています。

今後は研究開発のためのパートナー企業と共に、配送に特化した信頼性の高い機体の開発に取り組んでいくとしています。

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like