株式会社CLUEが飛行禁止区域および方法においての日本全国飛行包括承諾を取得及びDronecodeに加入、開発体制を強化へ


スポンサーリンク

 

ドローン関連事業を手がけている株式会社CLUEではドローンを活用した空撮や測量、インフラ点検などのサービスを提供しています。その実績が認められ、この度同社は2015年12月10日に施行された改正航空法による飛行禁止区域および方法においての日本全国飛行包括承諾を国土交通大臣より取得しました。

これにより、航空局への申請が必要な条件下でも、申請なしに迅速にサービスの提供が可能となりました。

 

株式会社CLUE

 

様々なニーズに応じ、迅速にサービス提供が可能

現在の改正航空法下では、東京都内や政令指定都市の大半を含む「人口集中地区」や「人や物件との間に常に30メートル以上の距離を保つこと」と言った条件でドローンを飛行させる場合、国土交通大臣に対して事前に飛行許可申請を出さなければなりません。そのため、ドローン関連サービスを提供する企業はお客様から空撮やインフラ点検などの依頼を受けても、迅速に対応することが難しいケースがあります。

今回取得した日本全国飛行包括承諾により、株式会社CLUEではお客様のニーズに応じて迅速にドローン関連サービスの提供が可能となりました。数日後の急な撮影依頼や点検依頼なども対応可能です。

株式会社CLUEのドローン関連サービスでは機体はドローンメーカー世界最大手DJI社の「Matrice 600」「Matrice 100」「Inspire 1 Pro」「Phantom 4」、3D Robotics社の「Solo」を利用。用途に応じて機体やカメラ、データ加工ツールを使い分けて業務を行うことが可能です。専用の機材と世界最先端のデータ加工ソフトウェアやアプリケーションを利用することで、建設・測量で利用されるオルソモザイク画像や3Dモデルの作成、DSM(数値標高モデル)、DTM(数値地形モデル)、精密農業で利用されるNDVIの作成なども可能です。

具体的には以下の様なニーズに対応しています。

映像 ドラマ・映画・音楽PVなどの撮影
イベント 企業・学校行事、卒業記念写真などのイベント撮影
PR 観光PR(海、山、河、湖、公園、史跡)、マンション、ゴルフ場、商業施設、住宅、風景などのPR用素材の撮影
調査・点検 ビルの壁面、災害現場、河川、構造物、山林管理、農地(田畑、牧場、ビニールハウス、野菜工場)
建設現場  建設現場工事、橋梁工事、河川工事、道路工事、大型建造物工事、宅地造成、ダム工事
農業 精密農業のためのNDVI等の加工

 

上記以外にもお客様のご要望に応じてソリューションをカスタマイズすることが可能です。お気軽にお問い合わせください。
株式会社CLUEでは国内最大級のドローン専用メディア「DRONE BORG」(URL : https://www.borg.media/ )を通じて培ってきた独自の知見やノウハウ、CLUE専属のプロのドローンオペレーターの運用技術、ドローンに精通したエンジニア部隊の技術力を融合することで今後も新たなソリューションを開発し、ドローン関連サービス・製品で世の中に貢献して参ります。

 

株式会社CLUEが提供するドローン関連のサービスの詳細などは以下となります。

ドローン関連サービス詳細:こちら

料金体系:こちら

ドローン導入コンサルティングサービス:こちら

電話でのお問い合わせ:03-6416-5349

お問い合わせフォーム:こちら

 

source : CLUEプレスリリース2016年8月4日

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like