ドローン開発、DJI Developerの概要

スポンサーリンク

 

 

ドローン関連プロダクトの開発に従事する方にとって、どのメーカーのAPIやSDKに対応させるか、あるいは一から自社で開発していくかというのは難しい問題だと思います。

今回は、世界中で既に大きなシェアを獲得しているDJI製品に対応したプロダクトを作るために欠かせないDJI Developer向けのSDKについてご紹介していきたいと思います。

 

DJI Developers

 

3つのSDKを用意

DJI Deveperでは開発者向けに「DJI SDK」を提供しています。DJI SDKはドローン関連のアプリケーションを開発するために設計されたソフトウェア開発キットです。DJI SDKを利用することによって、開発者は姿勢制御やバッテリー管理などのフライトコントローラー部分の実装を気にすること無く、それぞれの独自のアプリケーションの開発に注力することができます。

DJIでは現在、3つのSDKを公開しています。「DJI Mobile SDK」はフライトコントローラーと通信することができるモバイル・デバイスの開発に利用されます。「DJI Onboard SDK」はフライトコントローラーとオンボード・デバイス間の通信を可能にします。「DJI Guidance SDK」はドローンが周囲の環境を検知するために、DJI Guidanceからデータを取り出すオンボード・デバイスの実装に利用されます。

これらのSDK同士はシームレスに互いにデータ通信を行うこともできますし、それぞれのSDKを単独で利用することもできます。

 

DJI SDK

 

DJI製品を利用したiOSやAndroidアプリを開発したい方はMobile SDKを使用、埋込み型ソフトウェア開発者や産業ごとのアプリケーション開発を行いたい方はOnboard SDKを使用、マルチコプターの機体やロボット開発者・研究者はGuidance SDKを利用するといった形となります。

Mobile SDKでは、HDビデオのライブストリーミングや機体のフライトコントロールなどが可能です。モバイルアプリから機体の操作を行ったり、写真・動画を撮影したりといったことができます。対象機体となるのは、Phantom 3 Professional、Phantom 3 Advanced、Inpire 1、Matrice 100です。

Onboard SDKはリアルタイムに機体の姿勢制御を行ったり、センサーデータの通信などに利用されます。自律飛行やデータの収集・分析などの実装が可能です。プログラミング言語としてはC++とCが利用されています。対象機体となるのはMatrice 100のみです。


Guidance SDKでは超音波距離測定や両眼障害物検知などが可能で、飛行中に対象物や周囲の壁・ものとの距離を測定したり、視覚追跡などのアプリケーションを実装することができます。プログラミング言語としてはC++とCのスキルが必要です。対象機体となるのはMatrice 100や一般的なフライトプラットフォームとなります。

以上をまとめたものが以下の表です。

DJI SDK

 

複数のSDKを組み合わせることが可能

SDKは単独で利用することももちろん可能ですが、複数のSDKを組み合わせることによって、よりバリエーションに富んだアプリケーションを開発することができます。

Onboard SDKとGuidance SDKを組み合わせることによって、自律飛行しながら障害物を検知するロボットを開発することができます。以前、上海の復旦大学の研究チームがMatrice 100とGuidance systemを利用してドローンが違反駐車を探しだすシステムを開発していましたが、これにはOnboard SDKとGuidance SDKが利用されていたということです。

参考:DJIが開発者向けドローン「Matrice 100」と衝突回避システム「Guidance system」を発表

また、Onboard SDKとMobile SDKを利用することで、ドローンに搭載されているセンサーから検知したデータをリアルタイムにモバイルアプリに送信するシステムなども構築できます。例としては、中国の大気汚染で問題となっているPM2.5の検知をするようなドローンシステムの開発ができるとしています。

DJI SDK

 

株式会社CLUEではドローン関連アプリケーションやDroneCloudのクラウドサービス開発、アプリ開発をお手伝いしてくださるエンジニアの方を募集しています。ご興味がある方はこちらまでご連絡ください。

 

 

source : DJI SDK Structure

 

 

ドローンでビジネスを始めたい。でも何から始めればいいのか分からない。株式会社CLUEではこのようなお問い合わせをいくつもいただきました。ドローンは様々な分野で活用されていることが期待されていますが、実際にビジネスを始めようと思うと規制を始めとして、知らなければならないことがたくさんあります。そんな疑問に答えるために、株式会社CLUEは2018年3月20日 (火)、3月23日(金)にドローンビジネス勉強会を開催します。

【お申込み】

【本件に関するお問い合わせ】
担 当 : CLUEサポートチーム
メール : support@t-clue.com
電話  : 03-6802-7994

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like