中国DJIと米VCのAccel Partnersがドローンスタートアップへの基金「SkyFund」を設立

スポンサーリンク

 

中国の世界最大手のドローンメーカーであるDJIと米の著名なベンチャーキャピタルであるAccel Partnersがドローンスタートアップ支援のための基金「SkyFund」を設立したことを明らかにしました。

 

 

約25万ドルを投資へ

DJIとAccel Partnersは2015年5月27日、ドローンの世界マーケットを成長させることを目的として、支援基金「SkyFund」を設立したと発表しました。DJIは先日、Accel Partnersから7500万ドルの資金調達を完了しており、今回のファンドの組成は長期的なドローンエコシステムを構築する戦略的な投資の1つと考えられます。

SkyFundはドローン関連スタートアップを対象に約25万ドルの投資を実行する予定となっています。対象分野としては、ドローンに搭載される機械知能、コンピュータービジョン、マルチメディアツール、ロボット工学、ソフトウェアなど多岐にわたっており、特にDJIのSDKを利用して画像処理や地図作成などのソフトウェアを開発するスタートアップの支援に注力したいとしています。投資対象のスタートアップには、資金援助以外のハンズオンとして、DJIから技術リソースの提供や同社が提供しているSDKの利用方法に関するサポートなども行う予定です。また、Accel Partnersは開発者サポートなど同社が持つノウハウを積極的に提供するとしています。

DJIとAccel PartnersはSkyFundに対してそれぞれ500万ドルずつ出資するとされており、総額で1000万ドルのファンドが組成されるようです。

source : DJI and Accel Partners Form Drone Investment Fund

source : DJI and Accel Partners Launch SkyFund to Seed Innovation Across the UAV Ecosystem

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like