ドローンの自動飛行の制御をするiOSアプリ「DJI GS Pro」

スポンサーリンク

DJIがドローンの自動飛行の制御・計画をするために設計されたiPad用アプリ「GS Pro」を発表しました。同アプリはAppleストアから無料でダウンロードすることができます。

GS Proは複雑な飛行タスクでも数回のタップで設定できるように、シンプルで分かりやすいインターフェイスを採用しています。

無料ながらも非常に高機能で、事前に設定したポイントで写真撮影をすることができる他、精確さが要求されるマッピングに対応できるよう必要な精度を備えています。また、Virtual Fenceという機能を搭載することによって、指定区域内での機体の高度や飛行速度を設定することができるため、より安全な機体の運用をすることができます。

以上のような機能を活用することによって、農業や建設、測量や救助などありとあらゆる産業での作業効率を飛躍的に向上させることができます。

 

DJI GS PRO

URL : DJI

 

同アプリの機能は主に4つあります。

・3Dマップエリア

まずひとつめは3Dマップエリアという機能です。必要な飛行経路とカメラのパラメーターを設定することで、アプリが自動的に、効率的な飛行ルートを設定してくれます。

 

dji gs pro

URL : DJI

 

ドローンはタスクをこなす間はこの飛行経路に従って飛行しますが、飛行中に撮影された画像データを元に3Dマップを作成してくれます。さらに、タスク内容を再利用できるように保存することも可能です。飛行経路は画面上で自由に多角形を描いて設定することができます。あるいは機体のGPSの現在位置を利用して、飛行区域の境界線に沿って飛行し、それに基づいて飛行経路を設定することもできます。
写真撮影に関してはオーバーラップ率や撮影アングル、高度等をパラメーターを使って調整することが可能となっています。また、インターバル撮影や一定距離ごとの撮影、あらかじめ設定したポイントでの撮影など複数のモードで撮影することもできます。

 

dji gs pro

URL : DJI

 

飛行モードにはインサイドモードとスキャンモードの2種類があり、インサイドモードでは選択された区域内で自動的に作成された飛行経路に基づいて機体が飛行します。スキャンモードでは、指定された区域をカバーする最速の飛行経路を算出します。


 

・3Dマップ POI

アップ内課金の3Dマップ POIという機能です。

 

URL : DJI

 

この機能を利用することで、高層構造物の詳細なマップを作成することが可能となります。ユーザーが行うのは対象物の選択と、機体と対象物の距離の設定のみです。後はGS Proが構造物を周回するのに必要な時間や速度、高度等を自動で割り出してくれます。

 

・TAP AND GOウェイポイント

次にTAP AND GOウェイポイントという機能です。飛行のニーズに合わせて最大99個のウェイポイントを設定することができる上、各ウェイポイントでの高度やカメラの回転などの設定を事前に行うことができます。

 

dji gs pro

URL : DJI

 

また、各ウェイポイントでは、機体の回転や録画の開始/停止、写真撮影、ホバリングなど最大15の連続操作を設定することができます。飛行タスクが終了した後は、自動で帰還、ホバリング、着陸などの設定をすることができます。

 

・VIRTUAL FENCE

次はVIRTUAL FENCEという機能です。特定の飛行経路を設定することで、ドローンはその設定された飛行経路内を飛行するように設定することが可能となります。

 

dji gs pro

URL : DJI

 

例えば飛行場所の特定のエリアが飛行禁止区域だった場合、そのエリアを設定から外すように設定することができます。また、機体の暴走が不安なドローンの飛行トレーニングの際にも、機体が、設定されたVIRTUAL FENCEに接近するとブレーキをかけてホバリングし、飛行区域内に留まることができるため、より安全な飛行トレーニングを実施することができます。
VIRTUAL FENCEの形やサイズはユーザーのニーズに応じてカスタマイズできる上、飛行前だけでなく飛行中にも作成することができます。その他にはVIRTUAL FENCE内での飛行速度や飛行高度も設定することが可能です。

以上のように様々な機能が搭載されているため、多くの産業での作業効率を向上させることが期待できます。互換性も高く、以下のDJI製の機体とフライトコントローラーに対応しています。

 

・Phantom 3 Standard / 4K / Advanced / Professional

・Phantom 4 / Pro

・Inspire 1 / Inspire 2

・Matrice 100 / 600 / 600 Pro

・Mavic Pro

対応フライトコントローラー:A3、 N3

対応カメラ:Phantom 3 Standard / 4K / Advanced / Professional、Phantom 4 / Pro、 Zenmuse X3、 X5、 X5R、 X4S、 X5S、 Z3

 

source : DJI

 

ドローンでビジネスを始めたい。でも何から始めればいいのか分からない。株式会社CLUEではこのようなお問い合わせをいくつもいただきました。ドローンは様々な分野で活用されていることが期待されていますが、実際にビジネスを始めようと思うと規制を始めとして、知らなければならないことがたくさんあります。そんな疑問に答えるために、株式会社CLUEは2018年3月20日 (火)、3月23日(金)にドローンビジネス勉強会を開催します。

【お申込み】

【本件に関するお問い合わせ】
担 当 : CLUEサポートチーム
メール : support@t-clue.com
電話  : 03-6802-7994

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like