ドコモが浮遊球体型のドローンディスプレイを開発

スポンサーリンク

2017年4月17日、株式会社NTTドコモ(以下「ドコモ」)はドローンを活用し、全方位に映像を表示しながら飛行することができる「浮遊球体ドローンディスプレイ」を開発しました。ドコモによると、このような形でのドローンの使用は世界初とのことです。

 

ドローン 空撮URL:docomo

 

今回開発された浮遊球体ドローンディスプレイは、環状のフレームにLEDを並べた「LEDフレーム」の内部にドローンが備えられています。LEDフレームを高速回転させることで、回転するLEDの光の残像として球体ディスプレイが完成します。内部のドローンが飛行することで任意の場所に動かして見せることができます。これにより、コンサートやライブ会場において、空中で動き回る球体ディスプレイによるダイナミックな演出や、会場を飛び回り広告を提示するアドバルーンのような広告媒体としての活用が可能となります。

ドローンの特徴としては、最大直径が約88cmとなっており、重量は約3.4kgです。2017年4月現時点では、ドローンの詳細は確認が取れておらず、自社開発のドローンなのか、他社メーカーのドローンを使用しているのかは分かりません。しかし、ドコモは2016年10月よりドローンプロジェクトを開始しています。本プロジェクトはドローンを利用した宅配サービスですが、それらで利用されているドローンを応用している可能性もあります。

ドコモのドローンプロジェクトが本格始動!ドローンを活用した買い物代行サービスの実証実験を開始

ドローン本体の周りに球形のディスプレイを備えるという点に関して、これまではプロペラの回転による空気の流れを、ディスプレイがさまたげてしまうという課題や、ディスプレイ搭載による重量の増加といった課題がありました。本開発では、LEDの残像によってディスプレイを表示する技術を応用することにより、空中で球形ディスプレイを活用した演出が可能となりました。

 

ドローン 空撮URL:docomo

 

予定としては、2018年度の商用化をめざしており、舞台演出や広告、案内などにドローンを活用し、スタジアムやコンサートホールなどのイベント会場向けソリューションとしての提供を検討しています。

また、浮遊球体ドローンディスプレイは2017年4月29日から幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議」の「NTT ULTRA FUTURE MUSEUM 2017」に出展され、会場内でのデモ飛行が予定されています。ぜひ見に行ってはどうでしょうか。

 

source : docomo

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like