国土交通省がドローンの安全な運用のために飛行情報共有システムの整備を検討

スポンサーリンク

 

国土交通省がドローンなどの小型航空機の安全な運航・運用のために、飛行情報共有システムの整備の検討を進めていることが報じられました。ドローンの安全対策については昨年12月に住宅密集地上空や空港周辺での飛行に関して国の認可や承認を必要とする改正航空法が施行されました。しかし、有人機との接触等のドローンに関する事故は無くなっておらず、より効果のある安全対策を講じる必要があります。

 

 

現段階としては、ドローンのオペレーターなどの関係者間で航行経路やスケジュール、高度等の情報を共有できるサイトを立ち上げる案が有力で、これらのサイトを通じてドローンの衝突等の事故を防止し、産業利用を加速させることを狙いとしています。

 

 

これらの情報をリアルタイムで確認できるようにスマートフォンからの利用もできるように検討しています。合わせてGPS機能を利用して住宅密集地等の飛行禁止区域に侵入できないような飛行範囲をプログラムできるドローンの開発を進めていきます。
ドローンの飛行範囲を国の許可情報と紐付けていくことで、ドローンの事件や事故の発生を未然に防いでいきます。

 

source : 産経ニュース

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like