ドローンによって運ばれた物を利用した脱獄が初めて成功か

スポンサーリンク

ロイター通信などは2017年7月9日、テキサス州サウスカロライナ最大の刑務所から脱出するために、ドローンによって運び込まれた携帯電話が利用された可能性があると報じています。

 

URL:Business Insider

 

逮捕されたJimmy Causey被告(46歳)は、サウスカロライナ州の刑務所から脱走し逮捕されており、逮捕時に4万7000ドルの現金と携帯電話を所持していて、それらはドローンで刑務所まで搬送された可能性が高いと警察は判断しています。

「脱獄のためにドローンを使って逃げ出したと信じている」とサウスカロライナ州刑務所のBryan Stirling氏は語っています。刑務所の構図では、刑務所周辺と壁の間に50フィート以上の広大なフェンスの輪が広がっているため、誰かが物を投げ入れたりできない可能性が高いためです。

 

URL:Business Insider

ドローンが普及するにつれて、ドローンによる刑務所への密輸品の配達はますます一般的になってきています。

米国メリーランド州の受刑者は、ドローンを使って薬物を刑務所に密輸しようとしたために2016年に有罪判決を受けています。遡って2015年には、2人の男性が薬物とポルノ動画をドローンでメリーランドの刑務所に流して逮捕されました。また、2015年にドローンが不法薬物やタバコをオハイオ州の刑務所の運動場に投棄しました。2015年後半には、薬物・携帯電話・ナイフを運ぶドローンがオクラホマの刑務所に墜落しています。

一方のイギリスでは2016年に、ロンドン刑務所の近くで携帯電話や薬品を携行していたドローンを回収しています。これらの事例に対抗してイギリスは、密輸を刑務所に輸送しようとする犯罪者を捕まえるために特殊部隊Operation Airborneを設立しました。

 

source:WIAT , Business Insider

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like