ドローンとAR技術で再現する「進撃の巨人」がすごい!

スポンサーリンク

 

ドローンとAR技術を応用して「進撃の巨人」に登場する50メートル級超大型巨人を再現した動画が話題になっています。この動画ではドローンで空から空撮した映像にAR技術で巨人を召喚しています。

 

ドローンとAR技術で巨人を再現

巨人を出現させるためには、ARマーカーと呼ばれるものが必要です。今回は巨大なスケールで映像を作成しないといけないため、利用されるマーカーもとても巨大なマーカーとなっています。マーカーは初音ミクの絵をモチーフにしており、10メートル四方で作成されています。

進撃の巨人

 

実際に巨人が現れました。50メートル級超大型巨人を現実世界に再現するとこんなに巨大なものになるんですね。

進撃の巨人

 

マーカーの作成には近くの公民館を利用したそうです。マーカーは荷造り用の紐で格子を作っていき、安全ピンで不織布を固定して作成することで、空き地に広げたときに綺麗に配置できるようになっています。

進撃の巨人

 

AR技術で出現する映像はマーカーの外に動く事もできます。

進撃の巨人

 

動画では50メートル級超大型巨人が軽やかなダンスを披露しています。こんな形で襲ってきたら恐怖のあまり立ちすくんでしまいますね…。

進撃の巨人

 

撮影にはDJI製のPhantom 2が利用されました。

進撃の巨人

 

実際の動画は以下になります。


 

AR技術とドローンを組み合わせたエンターテイメント映像は今までは見たことがなかったような驚きを与えてくれます。今後もこういったアプローチでの映像は増えてくるかもしれません。

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like