航空法における無人航空機の定義とは

スポンサーリンク

 

 

2015年12月10日より改正航空法が施行されます。国土交通省ではドローンを含む「無人航空機」が同法の対象となると定義しており、ドローンを趣味やビジネスで利用する方は明確な定義や飛行ルールを認識しておく必要があります。そこで今回は航空法における無人航空機の定義についてご紹介していきたいと思います。

 

 

無人航空機とは

国土交通省によると無人航空機の定義は「人が乗ることができない飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの」としています。この定義によると、マルチコプターや固定翼などを含むドローンはもちろん、ラジコン機や農薬散布で利用されているヘリコプターも該当します。

 

ドローンの飛行ルール

 

ただし、上記の定義に当てはまる機体であっても、重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)が200グラム未満のものは、無人航空機ではなく「模型航空機」に分類され、航空法の対象からは外れることになります。

また、無人機であっても航空機を改造した上で無人機にしたものや、構造・性能的に航空機に近い機体の場合には航空法上の航空機に該当する可能性があります。

 

模型航空機とは

模型航空機はゴム動力模型機や重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)が200グラム未満のマルチコプターやラジコン機が該当します。このような条件の機体は航空法上「模型航空機」として扱われるため、無人航空機の飛行に関するルールは適用されません。一方で、空港周辺で飛行をさせる場合や一定以上の高度で飛行させる場合には国土交通大臣の許可が必要となるため、事前に申請許可を取るなど注意が必要です。

 

source : 無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の安全な飛行のためのガイドライン

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like