改正航空法、ドローンを飛行させる場所に関する注意点

スポンサーリンク

 

 

航空法が改正され、ドローンを飛行させる際の基本的なルールが2015年12月10日より施行されます。ルールに違反した場合には50万円以下の罰金が課されることがあるため、法令を遵守しながら安全に飛ばすことが求められます。

参考:ドローンの飛行ルール

参考:ドローンに係る航空法改正

国土交通省・航空局では、「無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の安全な飛行のためのガイドライン」の中でドローンを飛行させる場所についてもいくつかの注意点を提示しています。そこで今回は飛行させる場所を選ぶ際に気をつけておきたいポイントについてご紹介していきたいと思います。

 

 

飛行させてはいけない場所

国土交通省はドローンを含む無人航空機を飛ばす際、飛行禁止区域以外にも飛行させてはいけない場所について注意喚起しています。以下は機体を飛ばしてはいけない場所として提示されているものになります。

 

  • 空港の周辺では無人航空機の飛行禁止区域が細かく詳細に設定されているため、正しい認識をして飛行をさせていないと誤って飛行禁止区域に進入してしまうケースも考えられます。原則的に空港の周辺でドローンなどを飛ばす行為は避けましょう。(国土交通省では、仮に飛ばす必要がある場合には飛行高度が表示される機体を利用することを薦めています)

 

  • 空港以外でもヘリポート周辺など、航行中の航空機と衝突する可能性がある場所では無人航空機の飛行は控えてください。

 

  • 操縦ミスや突風などによってドローンが突然コントロールを失い、墜落するケースは散見されます。墜落した箇所に第三者がいた場合、大きな事故に繋がるケースも考えられます。そのため、第三者の上空では飛行をさせてはいけません。また、学校や病院などの不特定多数の人間が集まる場所の上空でも飛行をさせてはいけません。

 

  • 高速道路や新幹線などに機体が落下してしまった場合、交通に重大な影響が及ぶだけでなく、非常に危険な事態に陥ることも考えられます。そのため、高速道路や新幹線の線路の上空や周辺では無人航空機を飛行させてはいけません。

 

  • 鉄道車両や自動車はトンネルなどの目視の範囲外から突然現れるケースがあります。そのため、それらの速度と方向も予期しながら、常に30メートル以上の距離を保つように飛行をさせる必要があります。

 

  • 高圧線や変電所、電波塔及び無線施設等の施設の付近では電波障害などによって機体のコントロールを失う可能性があります。そのため、それらの施設からは十分な距離を保って飛行をさせ、施設に近づかないように注意をしてください。

 

いかがだったでしょうか?ドローンを飛ばす場合には飛行禁止区域以外にも飛ばすことが推奨されていないエリアが存在します。趣味やビジネスで飛行をさせる必要がある方はこれらのエリアをしっかりと理解した上で、安全に飛行をさせるよう注意が必要です。

 

source : 無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の安全な飛行のためのガイドライン

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like