ドローン販売がアメリカで急拡大

スポンサーリンク

 

現在アメリカでのドローン販売個数が驚くべき成長を遂げている昨年の4月と比較してみると、今年の4月は224%で成長しています。

ドローン操縦者が登録しないといけないと定められている国の要件がドローンの売り上げに影響を与えることはなかったようです。現在はドローンはトイドローンとしても流行っており、一般的な人々によってドローンが趣味となる側面もあると考えられます。一般的に若い人はドローンを買わず、大体31以上の歳の方がドローンを買われています。北米ではやはりドローン最大手であるDJI社が50%ものシェアを誇っています。

 

なぜここまでドローン販売が急拡大しているのか?

現在の販売されているドローンは産業用からホビー用まで多岐に渡った種類のドローンが作られています。そして昔のドローンに比べて操縦も簡単になり、カメラの画質など撮れる画像の質も変わってきています。そしてドローンテクノロジーの発達によって安全に操縦できることがわかり、アメリカではドローンが急激に受け入れられてきています。

そして昔はドローンを購入した時ユーザーはそれを設計するために多くの時間かかってしまっていたが、今やほとんどのドローンはすぐに使える状態で届けられるのであります。そうした側面からドローンの有用性や安全性が向上してきたことで、あまりドローンに詳しくない人からでもドローンを購入できる状態になってきたから、ここまでドローンの販売が急拡大しているのだと考えられます。そして今やセルフィー用のドローンが作られていたり、多くの人にとって魅力的なドローンが作られています。そしてドローンの種類にもよりますが、安価で買えるものもあります。したがってこれからもドローンの販売は加速していくように考えられます。

Lily

 

source:http://www.marketwatch.com/story/drone-sales-in-the-us-more-than-doubled-in-the-past-year-2016-05-27

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like