DroneDeployがクラウド上のドローン用データ加工ソリューションの提供を開始

スポンサーリンク

 

ドローン用ハードウェアからソフトウェアまで幅広く展開してきた米スタートアップの「DroneDeploy」がデータ加工ソリューションの提供を開始しました。

参考:農業、建設、測量をカバーするスタートアップ「DroneDeploy」

参考:DroneDeployが無料の3Dマップ作成ツール「Map Engine」のベータ版を提供へ

 

様々な加工が可能

DroneDeployが提供しているサービスの利用方法は非常にシンプルで、ドローンで取得したデータを同社のクラウドサービス上にアップロードし、その後「Map Engine」というクラウド上のデータ加工ツールを利用して3DマッピングやNDVIなどを作成。完成したデータは分析に利用したり、チームメンバーに共有することも可能です。

DroneDeploy

 

DroneDeployが提供するクラウド上でのデータ加工ソリューションはいくつかの種類が用意されており、現在も開発・追加が続けられているようです。

現時点で利用可能なものは、取得した空撮地図上の2点間距離や面積などを解析する「オルソモザイク」や数値標高モデルを利用した「地形モデル」、農作物の健康状態を測定する「NDVI」や3次元地図を作成する「3Dモデル」などです。

 

DroneDeploy

 

DroneDeploy

 

DroneDeployのクラウド上では、アップロードしたデータの加工時に細かい調整も可能です。

 

DroneDeploy

 

DroneDeploy

 

また取得したデータに対して、クラウド上で標高や緯度経度、二点間距離、山の体積などを計測することも可能となっています。

地図上に指定エリアを作成して、TODOを残しておくことも可能となっているため、農業活用などをする際に、「農薬や水を追加で撒く」といったタスクを地図上に残しておいてチームメンバーでTODO管理することも可能となっています。

 

DroneDeploy

 

DroneDeploy

 

加工したデータは様々なフォーマットに変換して出力することが可能となっています。「TIF」や「OBJ」、「LAS」「JPG」など必要に合わせて拡張子を変更してダウンロードが可能です。そのため、今まで業務で利用していた既存のソフトウェアに合わせる形でデータを加工・取得することができるようになっています。

 

アプリも提供

現在、DroneDeployでは「DroneDeploy Inspire/P3 Beta」というAndroidアプリのβ版を公開しています。こちらのβ版では現在1ヶ月間のフリートライアルを実施中です。アプリを利用することでドローンの飛行経路の設定や飛行後の地図の作成ができます。3Dモデルや数値標高モデルなどのデータ加工も可能で、cm単位の解像度の地図が作成できます。

現在はDJI製品に対応しており、「DJI Inspire 1」「DJI Phantom 3 Professional」「DJI Phantom 3 Advanced」の3機種に対応済みということです。

 

DroneDeploy

 

 

明確な料金体系

DroneDeployのサービスはフリープランもあるため、無料でお試しすることが可能です。しかし、フリープランの場合にはデータ加工に制限があるだけでなく、加工後のダウンロードもできません。

本格的に利用する場合には月額$99と$499のプランの利用がおすすめです。$499のプランの方が、データの解像度やデータ加工の種類が多く、データ加工時の処理速度も早いため、業務で利用する場合には$499のプランを利用するほうが良いでしょう。また、月額定額だけでなく、年間プランも用意されており、こちらのほうがお得に利用が可能です。

 

source : DroneDeploy

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like