ドバイの空港にドローン侵入、航空便遅れる

スポンサーリンク

 

ドバイ ドローン

 

アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ(Dubai)で11日、世界最大規模のドバイ国際空港(Dubai International Airport)に正体不明の小型無人機(ドローン)が侵入し、旅客機の離着陸に混乱を来すなどの可能性があったため、空港が1時間以上にわたって閉鎖される騒ぎがあリました。空港当局はツイッターを通じ声明を出し「正体不明の無人機による無許可の活動により空港は69分間にわたり閉鎖された。たくさんの旅客機が別の空港に着陸することになった」と述べています。

もちろん空港の敷地内ではドローンの使用は禁止されており、有罪となった場合には重い罰金が科せられます。このようにドローンが侵入してきたことによって航空便を遅らせることになり、多大な損害を被ってしまう場合もあります。これからはドローンの発達に備えてドローンによる犯罪を阻止するためのセキュリティの充実も急務となってくるでしょう。

そして航空機関も航空規制を詳しく市民に知らせる必要を感じています。飛行場の5km以内ではドローンを操縦することは禁じられています。しかしユーザはこうした厳格なルールを知らないあまり、ルールに違反してしまいます。今回も大きな事件になりませんでしたが、これからドローンユーザーが増えていく中で航空規制を認知させる必要があります。

 

source:http://www.reuters.com/article/us-emirates-dubai-airport-drone-idUSKCN0YY06P

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like