Duke Robotics社が、銃火器を搭載できるドローン「TIKAD」のビデオを公開

スポンサーリンク

軍事会社のDuke Robotics社が、TIKADと呼ばれる新しいドローンのビデオを公開しました。TIKADは一見すると、通常のマルチコプター型のドローンですが、機体にマシンガンやスナイパーライフル、手榴弾等の武器を搭載できるようにデザインされています。

 

tikad

URL : TIKAD – The Future Soldier – Duke Robotics Inc | Invest

 

機体下部に搭載されているジンバルによって銃火器を安定して保持できるようになっており、カメラ画面を表示させる専用パッドを使用して遠隔地から標的を照準、射撃することが可能です。

 

tikad

URL : TIKAD – The Future Soldier – Duke Robotics Inc | Invest

 

TIKADの開発者は、「TIKADはテログループに対して新しいアプローチを取ることを可能にします。TIKADを活用することで、地上部隊の人数を減らすことができるとともに死傷者の数を減らすことが期待できます。」と語っています。今回公開されたビデオはDuke Robotics社の資金調達のための大規模なマーケティング戦略であり、銃を搭載したドローンというものは、多くの人々の目を惹きつけることが期待できます。

 

tikad

URL : TIKAD – The Future Soldier – Duke Robotics Inc | Invest

 

Duke Robotics社は現在イスラエル軍とテストを行っており、オンライン受注も計画しています。現在のテクノロジーを駆使してこのような軍事ドローンを実戦で使用するのは多くの危険が伴いそうですが、遠隔操縦で目的地まで飛行し、標的を射撃して帰還するシステムを作ること自体はそこまで困難ではないと言えます。より安全で慎重なシステムを開発していくことが今後の課題と言えるでしょう。

 

tikad

URL : TIKAD – The Future Soldier – Duke Robotics Inc | Invest

 

TIKADのビデオについては上記で述べたようにあくまでも資金調達のためのマーケティングなので、映像通りの世界が実現するとは限りません。しかし、遠隔操作でテロリストを撃退するという世界に一歩近づいたことは期待できます。以下でTIKADの動画を確認できます。

 

 

source : techcrunch,TIKAD – The Future Soldier – Duke Robotics Inc | Invest

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like