FAAが3DRに対して主要空港での飛行を許可

スポンサーリンク

FAAが、主要空港でのドローンの飛行許可を与えたことが発表されました。FAAが商業的なドローンのルールを策定して以来、クラスBの空域での飛行が許可されたのは初めてです。FAAからの特別な免除がない限り、空港近くのどこにおいてもドローンを飛行させることは違法です。

 

3dr airport

URL : recode

 

FAAの商用ドローンのルールの下で初めて、空域が「クラスB」と呼ばれる特別な分類に該当する主要空港でドローンを飛行させる許可を得ました。許可を与えられたのはカリフォルニア州バークレーに本拠を置く3D Roboticsで、1月10日に世界で最も忙しい空港であるハーツフィールドジャクソンアトランタ国際空港で飛行が行われました。

 

3dr airport

URL : recode

 

空港の近くに飛行機を飛ばすことに対する制限は、主に安全と関係しています。ドローンは飛行機に衝突するだけでなく、パイロットの気を散らす恐れもあります。3D Roboticsのドローンは、空港の2棟の4階建て駐車場のデータを収集するために飛行許可が与えられました。「このレベルのデータを収集する他の唯一の方法は、フルサイズの航空機を使用することだ。」と同社の情報収集に携わったソフトウェア会社のAutodesk社のTristan Randall氏は述べています。収集されたデータは、建設会社が作業計画を作成するのに役立ちます。チームはドローンを使用して、わずか数時間で2棟の駐車場の解体を計画するためのデータを収集することができました。

 

source : recode

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like