FAA(米連邦航空局)がドローンの飛行可能エリアを確認できるiPhoneアプリを開発

スポンサーリンク

 

FAA(米連邦航空局)は飛行前にドローンを飛ばしても大丈夫なエリアかどうかを判断するために利用できるアプリ「B4UFLY」(Before You fly)を開発しています。

 

drone

 

こちらのアプリは国際無人機見本市AUVSI(Association for Unmanned Vehicle Systems International) 2015で初公開されたもので、ドローンの飛行可能エリアかを簡単に判別することができるようになるとのことです。

アメリカでは「No Fly Zone」というドローンの飛行禁止区域を設定できるサービスが話題となりました。

参考:ドローンの飛行禁止区域が指定できる「No Fly Zone」

このサービスでは無料で、登録した住所を飛行禁止に設定できるため、ドローンによるプライバシー侵害を危惧する人から大きな反響を得ていました。一方、ドローンの所有者にとってはどこは飛ばすことができて、どこはだめなのかといったことが簡単に判断できないのが現状のため、FAAが公開したアプリは今後人気を集めるかもしれません。

 

スクリーンショット 2015-07-02 17.39.37

 

B4UFLYは現在のFAAの規制のもと、空港や重要施設など、これからドローンを飛ばそうとしているエリアの中で飛行禁止になっている施設がないかの確認をすることができます。しかし、現在のところNo Fly Zoneとの連携は行われていないため、飛行禁止指定されている住居の上空の飛行可能有無は確認できません。

また、B4UFLYはラジコンヘリやドローンを飛ばす際の注意点やルールなども提供しています。今後は小型UAV連盟や各種団体と連携して、アプリを通じてドローン利用者に対して正しい知識を啓蒙していきたいとしています。

アプリでは、表示される地図上にフライトプランを作成して、飛行経路内に飛行禁止区域がないかの判定を行うことが可能です。現行の規制では、ホビーとして利用する場合にはFAAに対してフライトプランを提出する必要はありませんが、商業利用する場合にはフライトプランを提出する必要があり、将来的にはこのアプリを通じて、ビジネス利用者はFAAに簡単に飛行申請できるようになるのかもしれません。

現在はiPhoneアプリのみの展開ですが、今後はAndroidアプリもリリースする予定です。

source : FAA’s B4UFLY App Will help UAS pilots operate safely and legally

source : http://www.faa.gov/uas/b4ufly/

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like