FAAがドローン業界の成長を予想

スポンサーリンク

アメリカ連邦航空局(FAA)は2017年3月21日、ドローンの所有数が2021年に360万人に達し、昨年2016年の110万人の3倍以上になると予想する報告書をリリースしました。このレポートは航空業界において継続的な成長を予測したレポートですが、この予測の重要な部分はドローンの成長であると述べています。

 

ドローン 空撮URL : Drone Use Will Skyrocket By 2021, Government Says

 

この予測では、ドローン業界の成長に焦点を当てています。FAAは小型ドローンにおいて、2016年の約110万台から、2021年までに350万台以上に3倍以上拡大すると予測しています。農地の写真撮影や携帯電話用電波塔の検査などで利用される商業用のドローンは、 2016年の42.000台から2021年には約442,000台に増加する可能性があります。さらにドローンの操縦士は、2016年末の2万人から2021年までにその10-20倍にも増加すると予想しています。

またFAAは、2015年末にドローン登録制度を導入しています。2107年1月にFAAは、2016年に67万台以上のドローンを登録したと発表しています。これはオフィシャルな数字に基づいているので、未登録のドローンを含むと、さらに多くのドローンが使用されていると考えられます。

 

ドローン 空撮URL : Drone Use Will Skyrocket By 2021, Government Says

 

ダイナミックで急速に伸びている市場を考えると、小型ドローンの予測はより困難になっていると述べています。 FAAは、この新しい技術の普及に関する不確実性を考慮して、趣味目的などによる個人利用のドローンの予想の幅はぶれるだろうと考えています。

また商業目的でのドローン利用の規模の予測においては、現状では規制による制約があり、今後5年間はドローンの運用制限という前提を念頭に置いてFAAは予測を行っています。その規制は、日中のみの運用(夜間禁止)、目視の範囲内での飛行、一度に一つのドローンしか動作できないといった内容です。規制環境がどれほど迅速に市場に対応し、商業目的でドローンをより広く普及させることができるかということが、商業用ドローン利用の期待値を変えていくであろうと予測しています。もし2021年までに規制が大幅に緩和されれば、FAAベースでのプロジェクトでは、およそ160万ドローンを使用することになるとFAAは考えています。

FAAは、GDP予測などの様々な経済データを利用しています。今回のFAAの予測は、アメリカ国内の航空関連活動の業界標準であると考えられています。このレポートでは、民間航空会社、航空貨物、艦隊などのすべての分野を網羅して調査しています。詳しくはFAAファクトシートをお読みください。

Fact Sheet – FAA Forecast–Fiscals Years 2016-37

 

source : Fortune , FAA

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。


株式会社CLUE提供



スポンサーリンク


You may also like