FaceBookの太陽光で飛ぶドローン「Aquila」のテスト飛行に成功


スポンサーリンク

 

002l

 

現地時間の7月21日、米SNS企業であるFaceBookは超大型無人航空機「Aquila」のテスト飛行を行ったことを発表しました。これまでは1/5サイズの機体で実験していたとのことですが、フルスケールのモデルで飛行したのは今回が初になります。

Aquilaは、ネット通信のインフラが未だに整備されていない地域に対して、空からインターネット接続を可能とさせるために開発された大型のUAVです。不完全な通信整備によってネットにアクセスできない人は世界で40億人に上るとのことで、こうした事態を改善するためのチーム「Connectivity Lab」が主として開発に取り組んだそうです。

 

003l

 

 

今回のテスト飛行において、Aquilaは2,150フィートという低高度で飛行し、予定されていた飛行時間の3倍となる96分もの長時間運航を達成しました。ドローンにおいて飛行時間やバッテリーは大きな課題であり、ソーラーパネルを利用して太陽光をエネルギーとするAquilaは、長時間飛行に対する有効な手段を見出した形となります。

 

 

005l

 

 

Aquilaは最終的に、6万フィートを超える高高度で飛行するように調整するとのことであり、これによって直径約100kmの広範囲にわたってインターネットにアクセスできるようになるということです。飛行時間も計画としては最大3ヶ月もの連続飛行を想定しており、名実ともに通信整備の一つのターニングポイントとしてドローンが利用されることに大きな期待がなされています。

 

 

001l

 

 

クアッドコプターのようなタイプをドローンだと思っている方は驚くかもしれませんが、こういった大型の固定翼機も無人であれば立派なUAV(Unmanned Aerial Vehicle)となります。固定翼機は比較的飛行時間やスピードが速い反面、一定の場所にホバリングできない性質を持っています。今回のような高高度、長時間の飛行を可能とする上でこれらは非常に有効な手段となりえるでしょう。今回の実験により、ドローンの適切な利用への理解が進むことに個人的な期待を持っています。

 

Source:

Connectivity Lab

Facebook Newroom “Aquila’s First Flight: A Big Milestone Toward Connecting Billions of People”

 

関連記事

Facebookがソーラーエネルギーで稼働するドローン「Aquila」を発表、アフリカなどにネット通信網を構築へ

Facebookが途上国にインターネット接続を提供するドローンのテスト飛行に成功

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like