国土地理院、ドローンを用いた公共測量マニュアルを公開


スポンサーリンク

 

 

 

000051403

 

 

 

 

国土交通省の国土地理院による「UAVを用いた公共測量マニュアル(案)」が、今年3月30日より公開されています。UAV(Unmanned Aerial Vehicle)での空撮写真を用いて測量を行う際の基準や作業方法について記載されており、国が主体としてUAVによる測量を定めた初の資料となります。

 

スクリーンショット 2016-07-28 12.33.37

公共測量マニュアルの目的として「UAVとそれに搭載された民生用デジタルカメラで撮影された空中写真を用いて測量を実施する場合の標準的な作業方法を定め、その規格の統一、成果の標準化及び必要な制度の確保を図り、公共測量や工事測量におけるUAVの活用に資すること」と定めており、これらのマニュアルによって国内の測量ドローンの安定化を図る狙いがあります。

 

本マニュアルの構成として、地形測量を行うための「UAVを用いた空中写真測量」、工事測量にも利用できるような応用測量を行うための「UAVを用いた空中写真による三次元点群測量」の2つが主としてあり、使用機材や作業方法などの基礎部分についても規定されています。

 

 

スクリーンショット 2016-07-28 12.44.13

 

 

今回のような測量マニュアルの他にも、「UAVを安全に運用するためのガイドライン」や、「UAVの飛行に関する許可・承認の審査要領」について国土交通省が資料を公開しており、これらの資料を読み込んだ上でのドローンの運用を行うことで、安定性の高い利用を望むことができます。

 

Source:

国土交通省 国土地理院 ”UAVによる公共測量”

国土交通省 ”無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール”

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like