測量においてGround Control Pointを使う必要がある場合

スポンサーリンク

ドローンの普及に伴い、測量や点検、マッピングなどの分野にもドローンが導入され始めました。

実際に、ドローンが導入されることでより早く、より安全に、そして安価に測量や点検を行うことができます。

測量やマッピングに関しては、その精度を高めるためにGCP (Ground Control Point) の設置が必要です。

この記事では、Drone Deployの「When To Use Ground Control Points」を元に、従来の測量とドローン測量のメリット・デメリット、そしてGCPを使う必要があるのか、ないのか、その判断の方法について解説します。

 

参考:ドローンの測量サービスで利用されるソフトウェアまとめ

 

従来の測量とドローン測量のメリット・デメリット

まずは、従来の測量とドローン測量のメリット・デメリットについて見ていきます。

種類
メリット
デメリット
航空レーザー測量

・地図情報レベル*500まで高精度の計測ができる。

・微地形等、地形描画ができる。

・建物や樹木の高さをフィルタリイングすることで、DEM*を作成できる。

・コストと時間、人員が必要になり手軽に撮影できない。

航空写真測量

・広域を網羅的に計測するに適している。

・コストが高く手軽に撮影できない。

*地図情報レベル:数値地形図などデジタル化された地図でその位置や高さの精度を示すために使われることばで、アナログ地図の縮尺の概念と同じ。

*DEM (Digital Elevation Model):数値標高モデル。地表面の地形デジタルモデル。

 

ドローンによる測量のメリット・デメリット

メリット
デメリット

・人員、費用、時間が大幅に削減できる。

・航空機よりも低空で飛行ができるため、高解像度の画像が取得可能。

・ドローン測量用の解析ソフトで手軽に解析できる。

・計測精度は、基準点精度以外にも画像画質、解析方法に依存する。

・森林など背の高い植物などの地表面積計測が困難。

まとめると、ドローンによる測量には、「手軽に、時間や費用をかけずに行える」というメリットがあります。

Drone DeployDJI GS Proのアプリを使えば、測量したいエリアやカメラの設定を入力するだけで自動で飛行し撮影を行うことができるので、経験のない方でも簡単に作業できるのが便利です。

 

参考:DJIがドローンの自動飛行の制御をするiPad用アプリ「GS Pro」を発表!

DroneDeployがクラウド上のドローン用データ加工ソリューションの提供を開始

 

GCPが必要かの判断

GCPとはGround Control Pointのことで、日本では地上基準点と呼ばれています。

GCPには上空から撮影した際に認識できるよう、対空標識を設置します。対空標識とは地面に設置する四角い標識のことで、空中写真の縮尺や地上画素寸法を考慮し、大きさ、形状、色等を選定する必要があります。

 

URL: UAVを用いた公共測量マニュアル (案)

 

一般的にGCPを使う場合は2通りあります。「高い絶対精度が求められる場合」と「ある決められた精度」を求められた場合です。

まずは、「相対精度」と「絶対精度」について解説します。

  • 相対精度:相対的な精度とは、他の与えられたポイントからの角度の正しさです。2つの点の間が実際に10mあったとしたら、マップ上でも10mの差があるということです。
  • 絶対精度:実際に決められた座標点とマップ上のポイントが対応している精度です。ある地図が高い絶対精度を持っているという場合には、地図上の緯度と経度が実際のGPS座標とほぼ一致します。

 

以上のように、精度が求められる場合には基本的にはGCPが必要となります。

逆に、精度の指定がない場合はGCPが必要ないと言えるでしょう。

以下のダイアグラムで簡単にGCPが必要か、必要でないかの判断ができます。

 

 

 

株式会社CLUEでは、測量サービスに必要なドローン機材を一式保有しており、また空撮や測量、点検サービスに従事しているオペレーターを保有しています。

空撮、測量、点検サービスのワークフローを一気通貫でサポートする測量のソリューションを提供することが可能です。測量サービスに興味・関心のある方は、以下のフォームよりお問い合わせ下さい。

 

CLUECLUE|土木測量

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

Source:dronelife, Drone DeployUAVを用いた公共測量マニュアル (案)

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like