オペレーター視点から解説!ハンモック用ドローンが登場する動画「Sparen voor later」


スポンサーリンク

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-21-10-32-15

 

現在、無人はもちろん人が乗れるドローンが開発され始めています。そんなドローン業界の状況下で、常識の斜め上から存在感を放つドローンの動画が公開されました。

 

 

この「Sparen voor later」という動画を公開しているのはオランダを中心に事業を展開しているCentraal Beheer社。ドローン業界において全く聞き馴染みのない会社ですが、それもそのはず、保険会社として事業展開をしているのです。

実はこの動画、Centraal Beheer社の広告として公開されたものであり、ハンモックドローンを実際に開発しているわけではないそうです。動画名「Sparen voor later」もオランダ語で”後のために備える”という風に訳せるそうで、保険会社らしいネーミングです。誰もが思いつきそうで思いつかなかったアイデアと動画クォリティの高さに、本当に開発されてるのではないかと錯覚してしまいそうです。

 

プロポを使ってドローンを呼び寄せる開発者(設定)。ドローンは右に傾きながら前進しているのですが、ちゃんとプロポの操縦もそうなるようにコントロールスティックを倒しています。合成かどうかは判明していないですが、もし合成なら相当細かく作り込まれていますね。

hammock

 

笑顔で颯爽と飛び抜ける男性。さきほどラジコン用のプロポを使用していましたが、この時の手元にはジョイスティックがあるので、おそらくモード1とモード2を切り替えられる仕様なのだと考えられます。乗って飛ぶ際はモード1の方が扱いやすそうです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-21-11-00-58

 

飛行実験のシーンも流れます。射撃訓練に使われるような本物のイヤーマフを付け、頭に小型カメラを装着しています。それにしても、プロテクターがサイクリング用の半ヘルメットだけというのは危険すぎるような気がしますが….

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-21-11-01-17

 

正面から巨大ドローンがやってきて思わず転ぶ女性。未知の浮遊物体が迫ってきたら怯んでしまうのも仕方ない気がします。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-21-11-21-40

 

ちゃんと3Dモデリングまでして設計をしているようです。左右対のプロペラ同士の間隔が狭いので、横からの風に弱そうな印象を受けます。それにしても大きい。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-21-11-01-45

 

釣りをする際もこのドローンがあれば水に濡れる心配がありません。水面の波紋と反射がちゃんとされています。もしかして本当に飛ばしている可能性があります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-21-11-02-39

 

普段はコートを走り周るサッカー審判も、これがあれば楽に仕事ができます。高度を上げれば俯瞰的に選手たちの動きを見ることができ、審判の精度が上がりそうですね。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-21-11-03-23

 

とても夢がある動画ですが、やはり安全面の問題が目につきます。今までもドローンの安全性について多くの議論がなされてきましたが、斬新な切り口でドローンを描写し、ここまで秀逸に保険を勧めてくる企業は滅多にいませんでした。Centraal Beheer社は自動車保険から生命保険まで様々なプランを用意しており、その必要性をここまでアピールできる発想力に驚きです。ドローンの有人化という分野において、乗客や周囲への安全保証の基準は無人機以上のものとなります。その認識を促すかのようなこの動画は、まさに注目されるべきものだと言えます。

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like