北海道札幌市、公園でのドローンの飛行は原則禁止の見解を示す

スポンサーリンク

 

首相官邸の屋上ヘリポートでドローンが発見された事件を受けて、東京都や大阪府、栃木県などが公園でドローンの飛行を禁止する方針を明らかにしていますが、北海道の札幌市でも原則禁止の見解を示しています。

 

 

規制の動きが広がる

全国でドローンの規制の動きが広がる中、北海道札幌市でも公園内でのドローンの使用については物議を醸しています。

札幌市によると、市内の公園内でドローンを飛行させることは、市都市公園条例で規定されている迷惑行為に当たるとして、原則禁止の方針を明らかにしています。札幌市南区の真駒内公園など9つの道立公園を管理している担当者も、ドローンが墜落すれば他人に迷惑を及ぼす可能性があるため、迷惑行為に当たる可能性を示唆しています。

一方で、道と札幌市は、現時点の段階では明確なルールを設けることはせず、ドローンだけを規制することは検討していないと話しています。

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like