DJIが最新ドローン、Inspire 2を発表!高品質カメラの搭載やハイスピード飛行による、プロ仕様の機体


スポンサーリンク

 

inspire2

 

世界のドローン産業をリードするDJIが、高性能なカメラを搭載した機体であるInspire 2を発表しました。同機はプロの映像クリエイターに最適なモデルで、同機を撮影に用いることによって、高品質で、ハイエンドな映像を制作することができます。

 

inspire2

 

機体には新しいマグネシウム・アルミニウム合金が用いられているため、非常に頑丈で軽量なボディとなっております。また、この軽量なボディが機敏な動きを可能にし、最高時速108km、わずか4秒で時速80kmまで到達することが可能となります。Inspire 1の最高時速が約79kmなことを考えてみると、大幅に機体のスピードが向上していることが分かります。

また、最高飛行時間は約27分となっておりますが、同機はデュアル・バッテリー・システムという機能を搭載しており、機体の操縦中、1つのバッテリーが機能しなくなってしまっても、もう1つのバッテリーが機体に電力を供給してくれるため、安全に帰還することが可能となっております。さらに、温度が−20度以下になると、バッテリーの性能低下を防ぐためにバッテリーを温める機能も搭載されています。

機体の前部、下部にセンサーが取り付けられているので障害物を検知できる上、機体上部に取り付けられた赤外線センサーによって狭い空間での衝突を防ぎます。

 

inspire2

 

Inspire 2は最新のCineCore 2.0画像処理システムが搭載されいるため、最大5.2Kまでの撮影が可能となっております。さらに、様々な撮影モードが用意されており、Spot light proモードでは、機体を自由に飛行させながら、カメラを被写体にロックさせることが可能で、TapFlyモードでは、機体前方に搭載されたカメラを活用し、障害物を避けながら、ディスプレイ上でタップした場所に向かって機体を飛行させることが可能となります。ActiveTrackモードでは、障害物検知システムを活用することによって、人や車、動物などの被写体を検知し、機体を安全に運用することが可能となります。他にも、被写体を尾行したり、上空を旋回したり、並走したりすることもでき、これらの機能を活用することによって、様々な映像を撮影することが可能となります。

カメラについては、Inspire 2の映像制作のポテンシャルを拡大するために、新しいZenmuseカメラを発表しています。

 

inspire2

 

Zenmuse X4Sは、Inspire 2に搭載される標準カメラで、2000万画素の1インチセンサーを搭載し、ダイナミックレンジは11.6stop、視野は24mmレンズに相当します。

 

inspire2

 

ZenmuseX5Sは2080万画素の大型マイクロフォーサーズセンサーを搭載し、ダイナミックレンジは12.8stopとなっております。これらのカメラは空撮に特化しており、ジンバルとフライトコントローラーと直接通信できるように設計されています。

以上のように様々な機能が追加されてさらに高機能化したInspire 2。販売価格は361,000円となっております。

DJIのこちらの公式ストアで絶賛販売中です。

 

source:DJI

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like