Intel ソフトウェア開発用ドローン『Aero Ready To Fly』を発表

スポンサーリンク

intel-aero

 

半導体素子メーカーとして世界的に知られているIntelは先日の8月16日、純粋なドローンソフトウェアの開発実験のためのドローンハードウェア「Aero Ready To Fly」を発表しました。同じカリフォルニアの巨大展示施設Moscone Centerで行われた「Intel Developer Forum 2016」内でその全貌を明かしたとのことです。

Aero Ready To Fly(以下Aero)は機体の組み立てや配線が既に完了している既製ドローンです。ドローンの脳にあたるフライトコントローラーは同社製のAero Compute Boardを使用しており、Linux OSやAirMapとの協力で組み込まれたソフトウェア開発キット、RealSenseと呼ばれる動作認識用ソフトウェアなどがプレロードされています。ドローン開発という枠組みでIntelは複数の企業の協力や買収を繰り返しており、先述のAirMapやAirbus、YuneecやAT&Tが参加しています。特にYuneecはIntelのRealSenseを組み込んだ追尾ドローンを発表しており、ただ単純に障害物を回避するのではなく、複数の回避ルートを一気にはじき出して理想的なルートを組み立てるインテリジェントナビゲーションにの精度向上にその威力を発揮しています。

 

 

Intelはドローン系スタートアップへの積極的な出資元であり、ドローン用のコントロールシステムを開発しているAirwareや多種類のドローンを制御できるソフトウェアを販売しているPrecisionHawlや先述のYuneecなど、ソフトウェア開発の支援に乗り気な姿勢を見せています。

 

intel-aero

 

既製品として性能の高いソフトウェアがプレロードされているドローンは多いですが、だいたいは書き換えがしづらいように内容を秘密にされてきました。しかし、ドローンのオープンソースサイト「Dronecode」などの存在によって皆が開発しやすい環境が形作られつつあり、今回のAeroによってさらなる開発環境の改善やクォリティの上昇が期待できます。

 

Source:

Intel “New opportunities and tech for drone developers and enthusiasts”

Moscone Center “IDF16”

Vimeo “Typhoon H PRO with Intel RealSense Technology”

Dronecode

 

関連記事:

株式会社CLUEが飛行禁止区域および方法においての日本全国飛行包括承諾を取得及びDronecodeに加入、開発体制を強化へ

Intelがドイツのドローンメーカー「Ascending Technologies」を買収

米Intelが中国のドローン開発会社「Yuneec International」に6000万ドル以上を出資へ

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like