2016年3月にドローンの国際展示会「Japan Drone 2016」が開催

スポンサーリンク

 

 

ドローンの国際展示会が来年3月に開催

3月26日にドローンの国際展示会&会議である「Japan Drone 2016(ジャパン・ドローン 2016)」が開催されることが発表されました
期間は来年の2016年3月24日(木)~3月26日(土)までの3日間です。
場所は幕張メッセにて行われます。

JUIDAと株式会社コングレが主催

このイベントの主催は無人航空機システム(UAS:Unmanned Aircraft Systems)産業の新興とその普及を目的とした、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(略称;JUIDA)と2012年に東京で開催されたIMF・世界銀行の年次総会などのトータルプロデュースを手がけたコンベンションオーガナイザー株式会社コングレが主催しています。
JUIDAは東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻教授を務める、鈴木真二氏が理事長を務めています。

juida_suzuki

毎年開催を行う予定

このイベントは、日本における民生用のドローン・無人航空機産業の健全な発展と市場の拡大、およびドローンをめぐる安全なルール作りの議論の場を目指しているものです。
国内外の出展社から構成される国際展示会や国内外のキーパーソンによる国際カンファレンス、実際に飛行が体験できるフライトショーケースなどを計画中とのことです。
2016年をはじめてとして、毎年開催される予定で日本初のドローンマーケットの発展に寄与することが狙いです。

日本で始めての本格的な民生用ドローンのイベント

イベントの特徴しては、日本で始めての本格的な民生用ドローンのイベントとなります。
このイベントを通して、日本のドローン技術を世界に広く発信する場を目指しています。
またイベントやセミナーによって、ドローンの安全な運用や利用に関するルール作りの促進も狙うとのことです。

ドローンベンチャーの商談の場に

「Jaoan Drone 2016」では、ドローンベンチャーの商談の場として、機能することも求められています。
まだまだベンチャーの多いドローン業界において、始めての実践的な商談の場になるでしょう。
開催までにまだ1年ほどの期間がありますが、そこまでに日本のドローン産業が成長していき、どのような会社が出展していくのかが注目されます。

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like