政府がドローンなどの新産業分野の規制緩和へ

スポンサーリンク

 

日本政府が小型無人機ドローンなどを利用した配送サービスを3年以内に商用化するための規制緩和を行っていく方針を明らかにしました。

 

 

政府は国内の新産業を育成することを目的に幾つかの産業に対して重点的な育成施策及び規制緩和を行っていく方針を固め、ドローンを使った宅配サービスは重点課題の一つに取り上げられています。同サービスについては、今後3年以内を目処に実現を図っていく方針です。

ドローン宅配サービスについては、千葉市が政府の国家戦略特区会議に対して「未来都市実証特区」を申請し、その中でマンション敷地内でのドローン配送を実現したい意向を明らかにしています。

参考:千葉市がドローン特区に。マンションへのドローン宅配、政府の国家戦略特区会議に申請へ

 

政府が今回打ち出した新産業分野には、ドローン以外にも自動運転車や医療支援などがあります。自動運転車については2017年までに法規制やインフラ面を整備し、2020年までに本格的な運用が行われることを目指します。また、医療支援については、2018年までに医療診断支援システムの構築を目指す方針です。

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like