国内外のドローン有識者が集う「ドローンと交通に関する国際セミナー」が開催決定

スポンサーリンク

 

運輸政策研究機構はドローン関連ビジネスを手掛ける企業や、各国の航空規制当局から講師を招き、「ドローンと交通に関する国際セミナー」を開催すると発表しました。

 

 

今回のイベントでは、国内外から講師を招いて様々な領域の講演を聞くことができます。

米連邦航空局(FAA)に所属し、国際民間航空機関(ICAO)の遠隔操作航空機システムパネルの議長を務めているRandy Willis氏は「米国におけるドローン開発利用の概況について」というテーマで話をするほか、ドローン配送のパイオニア的な存在であるスイスポストでオープンイノベーションプロジェクトマネージャーを務めるJanick Mischeler氏が「スイスにおけるドローンによる配送について」というテーマで講演を行います。また、スペインのドローン活用事例として「スペインにおけるドローンを用いた鉄道インフラの点検について」といった講演も行われます。

参加費用は無料で、海外の講演者が話す際には同時通訳も付く予定となっています。

 

イベントの詳細

日時:2016年2月17日(水)14:00〜18:00

会場:東京都千代田区飯田橋3-10-8(ホテルメトロポリタンエドモント)

主催:一般財団法人運輸政策研究機構国際問題研究所

定員:200名(事前登録制)

詳細URL:http://www.jterc.or.jp/document/160217_program.pdf

申し込みURL:http://www.jterc.or.jp/topics/H27_topics.html#20160217

費用:無料

プログラム:

 

14:00-14:05 開会挨拶 (一財)運輸政策研究機構 国際問題研究所長 鷲頭 誠

14:05-14:35 講演1 「小型無人航空機の民間利用における現状と将来展望について」 鈴木真二 氏 東京大学大学院教授(航空宇宙工学専攻)

14:35‒15:05 講演2 「米国におけるドローン開発利用の概況について」(仮題) Mr. Randy Willis, Manager, Emerging Technologies, Chairman, ICAO Remotely Piloted

Aircraft Systems Panel, FAA (Federal Aviation Administration)

15:05-15:30 講演3 「欧州連合におけるドローン規制の枠組みについて」 Ms. Sylvette Chollet, Aviation Safety Officer, European Aviation Safety Agency (EASA)

15:30-15:50 コーヒーブレーク

15:50-16:20 講演4 「スイスにおけるドローンによる配送について」 Mr. Janick Mischeler, Project Manager for Open Innovation, Swiss Post

16:20-16:50 講演5 「スペインにおけるドローンを用いた鉄道インフラの点検について」 Mr. Leendert de Haan, Senior Expert, Civil Engineering Directorate, INECO

16:50-17:15 講演6 「産業用無人ヘリコプターの活用について」 ヤマハ発動機(株) V&S 事業本部 UMS 事業推進部長 石岡修 氏

17:15-17:40 講演7 「マルチコプター式無人飛行システムの活用について」 (株)エンルート 代表取締役 伊豆智幸 氏

17:40-17:55 質疑応答

18:00- レセプション

 

 

海外の実用事例や規制についても、担当者から話を聞ける非常に貴重な機会となっています。お近くの方はぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか?(事前登録制となっているので、申し込みフォームからの登録が必要です)

source : ドローンと交通に関する国際セミナー

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like