鹿島、ダム建設工事でドローンによるレーザー測量を実用化

スポンサーリンク

 

鹿島建設(鹿島)は6月13日、ニコン・トリンブル、ルーチェサーチと共同で大分川ダム建設工事おいてドローンによるレーザー測量を実施し、高密度・高精度な測量結果を得ることに成功したと発表しました。これまでドローンによる写真測量はダム工事や造成工事で実績があるものの、レーザー測量の実用化は日本初です。

従来の写真測量よりも8分の1程度の時間で高精度の測量が可能になり、地表に基準点を設置する必要がないため、急斜面などの測量も容易になる 今回は、広さ約20ヘクタールの測量を飛行時間13分で完了しました。透過性の高いレーザーを照射するため、樹木が茂った地表面の測量にも強く、測量点の9割が誤差4.5センチ以内に収まりました。

 

レーザー搭載 ドローン

 

ドローンを用いたレーザー測量では、地表面に向けてレーザーを照射することで対象物までの距離を得ることができます。そして機体に内蔵されたGNSSとジャイロセンサにより機体の位置情報も取得することができます。

写真測量の場合に必要となる基準点を設置しなくてよく、また、レーザー照射は樹木の隙間を通り地表面まで到達するため、伐採・除根前に地山を計測することができます。測量した結果は、点群データで出力されるため高低差を取ることができ、複雑な地形でも精度の高いデータを得ることができます。この点群データは、3D CADやGIS(地理情報システム)に用いることが可能で、CIMへの展開も容易だとしています。CIMとはICTツールと3次元データモデルの導入・活用により、建設事業全体の生産性向上を図ろうとする取り組みのことです。

しかしこのレーザー測量ではコストが高いことが問題とされています。本格的に導入するにはコストが高く、当面はレーザー測量と写真測量の両方を使い分けることで、工期やコスト面で最適化を図るそうです。ドローンによるレーザー計測は、セスナ機の航空レーザー計測に比べ安価だが、写真測量と比べた場合、コストが倍近く割り高になリます。同社はより安価に対応できるようシステム開発を進める計画だそうです。

 

source:http://www.sankei.com/economy/news/160613/ecn1606130021-n1.html

:http://www.sanpo-pub.co.jp/topnews/2016/0614019212.html

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like