レディーガガのショーで300機のドローンが飛行

スポンサーリンク

レディーガガのショーのハーフタイムで、300機のドローンがバックダンサーとして空中を飛行しました。使われた機体はIntelの Shooting Starという機体で、ライトショーなど、主にエンターテイメント分野での使用を目的として開発されたモデルです。「ntelの Shooting Starドローンは、エンターテイメントライトショーのために作られた同社初のドローンです。」と、Intelの新テクノロジーグループ担当副社長、Anil Nanduri氏は述べています。 「

 

intel drone

URL : techcrunch

 

FAAと協力して、パート107の免除を受けることによって、アメリカで夜間にパイロット1人でこれらのドローンの大群を操縦することができるようになります。」と付け加えました。これらのドローンはあらかじめプログラムされた飛行ルートに従って飛行します。また、衝突を防ぐためのハードウェアを持たない上、互いに通信することもありませんが、特殊なソフトウェアのおかげで機体同士の衝突を防ぐことができます。また、同機はそれぞれ15分以内に組み立てることができます。機体の底部にはLEDライトを備えており、ボディのほとんどは発泡スチロールで設計されているため、バレーボールとほぼ同じ重量です。

 

intel drone

URL : techcrunch

 

現在、同社はこれらのドローンを使用して、夜空に幻想的で調和されたライトショーを行います。同社によると、制御できる機体の数はほぼ無制限で、一度に10,000台以上のドローンを制御することができると主張しています。将来的には、このドローン技術がエンターテインメント以外のアプリケーションで利用できることを期待しています。 New Technology GroupのシニアVPであるJosh Walden氏は次のように述べています。「このライトショードローンの可能性は無限であり、この経験が他のクリエイターやアーティストなどを刺激して、まだ開発されていない方法でドローン技術を活用することを願っています。」

これらのドローンは、Intelの他の独自の技術と組み合わされて、捜索救助作業や産業検査にも利用することも期待されます。

 

source : futurism,techcrunch

 

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like