国土交通省にドローンの規制を定める専門協議会が設立へ

スポンサーリンク

 

 

国土交通省はドローン関連の法整備を急いでいますが、2016年度より、ドローンの規制を専門に取り扱う協議会を新設することを明らかにしました。

参考:人口集中地区でのドローンの飛行は製造番号の報告が必須に

 

 

ドローンに関する規制については2015年12月10日より改正航空法が施行され、飛行ルールや飛行可能なエリアなどについての枠組みが新たに設けられます。

参考:ドローンの飛行ルール

参考:ドローンに係る航空法改正

ルールが明確になることによって、今後は大手企業などがドローンの業務活用がしやすい環境が整います。一方で、機体の登録制や操縦者の免許制なども議論されており、ドローンを取り巻くルール作りは発展途上の段階と言えます。

新たに設立される協議会は製造業者や有識者などを含む10人以上の人員で組成される予定となっており、飛行禁止区域内で飛ばす場合の飛行許可取得の手続や基準、機体の登録制、操縦者の免許制といったルール作りを行っていく方針です。

いいね!をして
最新ニュースをチェック

Twitter でDRONE BORGを

▼ドローンの最新情報を知りたい方はDRONE BORGのFacebookページに「いいね!」をお願いします。

スポンサーリンク


You may also like